2018年12月 5日 (水)

コチョウゲンボウ

57_507
コチョウゲンボウが田んぼに降りている時は、食事の時とその後の休憩の時が多いようです。

この時は直ぐ近くにチョウゲンボウも休んでいました。どちらも喧嘩することもなく、おとなしくしていました。58_508

|

2018年12月 4日 (火)

チョウゲンボウ

34_504
田んぼ廻りをしていると、チョウゲンボウを一日何個体も見ます。

その中でも飛び切り綺麗な♂の個体がいますが、出会えた時は嬉しくなります。35_505

36_506

|

2018年12月 3日 (月)

タヒバリ

6_495
田んぼには色々な野鳥がいますが、地味なタヒバリはバーダーにはあまり人気がないようです。

草の色のボケ具合が良かったので、タヒバリを入れて撮ってみました。7_496

|

2018年12月 2日 (日)

オオタカ

42_497
オオタカの姿は何度も目撃していましたが、簡単には撮らせてもらえません。

成鳥も撮るチャンスがあったのに、未だに撮れないでいます。43_498

|

2018年12月 1日 (土)

ハヤブサ

37_509
いつものように田んぼ廻りをしていると、知人に出会いました。あと15分か30分早かったら良いシーンが見られたのにと出鼻をくじかれるような言葉が・・・。

でもまだ運があったようです。ハヤブサが自分達のいる近くを何度も旋回してくれました。理由を書くと長くなりますので省きますが、久しぶりに近くで見るハヤブサは超格好良かったです。

全てノートリの画像です。38_510
39_511_2

|

2018年11月28日 (水)

コチョウゲンボウ

55_491
またまたコチョウゲンボウですが、今まで撮影した個体とは別個体と思われます。

今までコチョウゲンボウを撮影してきた中で一番近かったので、更にトリミングしてバストアップにしてみました。56_492

|

2018年11月24日 (土)

ハイイロチュウヒ

121_488
毎年楽しみにしているハイイロチュウヒとの出会いが始りました。

なかなか条件の良い日に当たりません。明るい時は陽炎が酷く、暗い時はブレ写真ばかりで納得がいく写真には程遠いです。122_489

123_490

|

2018年11月23日 (金)

コチョウゲンボウ

53_486

今年のコチョウゲンボウは本当に愛想が良い個体です。

田んぼへ行く度に姿を見せてくれるのは、鳥撮りには嬉しい限りです。

お気に入り?の木からの飛び出しです。54_487

|

2018年11月22日 (木)

ノスリ

33_484
普段はあまりレンズを向けない猛禽のノスリ。

猛禽らしくないように感じるのは自分だけでしょうか?今一つ精悍さに欠けるような気がします。34_485

|

2018年11月21日 (水)

ハイタカ

66_481
毎回同じ鳥ばかりですが、ハイタカの♂は今季初めてです。

見つけた時は既に後ろ姿で、かなり離れてから旋回してくれたので証拠写真程度の大トリです。67_482
この個体は別個体ですが、こちらも♂でした。68_483

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

その他 | 野鳥