« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年10月31日 (日)

カワアイサ

5_1512 中洲にカワアイサが4羽、羽根を休めていました。

カモ類はまだ少なく、これからを期待しています。6_1513

|

2021年10月30日 (土)

アカゲラ

17_1508 この林にはいつもいます。アオゲラもいますが、アカゲラの方が圧倒的に見る機会が多いです。

理由は、枯れ木が多いからではないか思っています。ナラガレが酷く、林のあちこちで枯れ木が目立つようになってます。19_1509

|

2021年10月29日 (金)

エナガ

16_1510 お山の林はだいぶ秋らしくなってきました。

カラの混群の中に一番多くいたのはエナガでしたが、光の具合が悪くまともな写真は撮れず終いでした。17_1511

|

2021年10月28日 (木)

ハマシギ

19_1506 曇り空だったので、水の色が青く映らず残念。ハマシギは50羽以上いましたが、いつもながら揃った飛翔は撮れませんでした。

ハマシギの群れの中に、シロチドリ(1枚目の写真)とミユビシギ(2枚目の写真)らしきシギチも一緒に飛んでいました。20_1507

|

2021年10月12日 (火)

サメビタキ

1_1502 タカの渡りは消化不良のままほぼ終了してしまいました。

仕方なくお山へ小鳥を探しに出掛けると、なかなかお目に掛かれないサメビタキを発見。高い所でフライングキャッチをして虫を捕っていました。2_1503

|

2021年10月10日 (日)

ノビタキ

44_1504 お山へ行ってみたものの、霧雨が降り続き小鳥は諦めました。仕方なくその足で田んぼへ向かうと、移動途中のノビタキに出会えました。45_1505

|

2021年10月 3日 (日)

エゾビタキ

24 毎年思うことですが、秋の渡りのシーズンに、タカの観察する場所での小鳥の数と種類が減少しているように感じます。

唯一エゾビタキだけはそこそこ出会えますが、他のヒタキ類は滅多に見なくなりました。残念なことです。25

|

2021年10月 1日 (金)

サシバ

56_1499 今シーズンはサシバのピークがなかなかありません。一度降った雨の後も思ったほど渡らず、まだまだ何処かに潜んでいるようです。

57_1500 月に向かって飛ぶサシバの後ろ姿。

58_1501 高い所で旋回し、更に高度を稼ぐサシバの群れ。

|

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »