« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月28日 (火)

コチドリ

24_1069 休耕田や荒れ地を探してみると、かなり多くのコチドリを見ることができました。成鳥だけでなく今年生まれと思われる若鳥が餌捕りに夢中になっていました。秋の渡りに備え、今は沢山食べて体力をつける時でしょう。

そんな中、まだ小さな雛を3羽連れているコチドリもいました。親鳥が見張っていましたが、近くにカラスがいたので少し心配。25_1070

|

2020年7月27日 (月)

タカブシギ

13_1073ソリハシシギがいた休耕田の近くに他のシギチが飛んでくるのを発見。近づいてみるとタカブシギでした。

昨シーズンは沢山撮らせてもらったタカブシギ。今年も沢山の出会いがあるかも知れません 。14_1074

|

2020年7月26日 (日)

ソリハシシギ

8_1071 休耕田の水が溜まっている所に早くもシギチがいました。よく見るとソリハシシギでしたが、既に渡りが始っているのでしょうか?9_1072

|

2020年7月25日 (土)

カワセミ

196_1068 久し振りの田んぼ廻りは熱中症になってしまいそうなくらい暑かった。

田んぼ道を鳥を探しながら流していると、水路のコンクリートの上にカワセミを見つけた。何度か水路に飛び込んでいたけれど、何も獲れないまま田んぼの上を飛び去って行った。

|

2020年7月18日 (土)

ハチクマ

34_1063 高原の道に沢山の蝶がいてそれを撮影していると、上空にディスプレイ飛行をしているハチクマがいました。

ハチクマを見るのは久しぶりでしたが、やや遠く逆光気味だったので写真は満足できるものではありません。

それでも出会えたことに感謝です。35_1064

|

2020年7月17日 (金)

ノビタキ

32_1065 個人的に高原にいる野鳥の中で一番可愛いのはノビタキです。何度出会っても魅力ある野鳥だと思います。

既に子育ても終わり、巣立った雛たちも大きくなって親に付いて飛びまわっていました。33_1066 34_1067

|

2020年7月16日 (木)

ホオアカ

9_1061 高原で一番良く見かけたのはホオアカでした。地味な野鳥ですが、近くにいればカメラを向けたくなります。10_1062

|

2020年7月15日 (水)

コヨシキリ

1_1059 久しぶりに出掛けた高原は、春先の新緑の頃より緑が濃くなり夏らしい様相になっていました。

枯れたハギに止まって鳴いていたのはコヨシキリ。近づくと直ぐに草むらに潜ってしまいますが、暫く待っているとソングポストで複雑な歌声を聞かせてくれました。2_1060

|

2020年7月14日 (火)

トケン

5_1058 この場所にはカッコウとホトトギスがいたのでどちらか分かりませんが、多分ホトトギス幼鳥だと思います。

(確信はありませんが)

午後7時過ぎで天気も悪かったため周囲はかなり暗く、肉眼では何が止まっているのか分かりませんでした。滅多に上げない高ISOでの撮影でした。

|

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »