« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月27日 (金)

カワガラス

23_977 一昨日ですが、一羽の巣立ち雛に両親鳥が懸命に給餌していました。26_980

無事大きくなって欲しいと願っています。25_979 27_981 28_982給餌する瞬間は、親鳥も雛も眼の白い下まぶた(瞬膜ではありません)を閉じています。24_978

|

2020年3月26日 (木)

カワガラス

21_975 カワガラスの今年の繁殖は、昨年より約一ヶ月早まりました。(自分としてはこれが普通ではないかと思います)

昨日巣立った雛の内の一羽は、可愛そうですがカラスに持って行かれてしまいました。

何羽巣立ったか不明ですが、確認できたのはもう一羽の雛だけでした。カラスが狙っていただけに行く末が心配です。22_976 泳ぎながら餌をねだる雛。20_974

|

2020年3月25日 (水)

コチドリ

20_969 二週間くらい前に夏鳥のコチドリを見ましたが、早い渡来に地球温暖化が影響しているのか心配になりました。

別の場所で4羽のコチドリを見つけましたが、渡来したばかりだったのかあまり活発には動いていませんでした。21_970

|

2020年3月23日 (月)

タシギ

17_971 この日の暖かな日差しは、春本番のような陽気でした。

所々に水が溜まっている畑が点在する中には、十数羽のタシギがいました。

久しぶりに沢山のタシギを見て感動!!19_973 18_972

|

2020年3月21日 (土)

カワガラス

17_966 光の加減でカワガラスの眼がなかなか出ません。撮影時間を考えて出掛ける必要がありそうです。

これからは雛たちが何時巣立ちするのか楽しみです。18_967 19_968

|

2020年3月20日 (金)

カワガラス

12_961 日々、春に向かって暖かくなって来ていますが、野鳥達も繁殖の時期に近づき活気に満ちているように思えます。13_962

繁殖の早いカワガラスは既に餌を運んでいました。14_963 15_964 16_965

|

2020年3月14日 (土)

カワセミ

191_959 ペアになったカワセミは、繁殖に向けての日々を過ごすようになりました。

もう一羽いた♀は何処かに追いだされてしまったようで、いつしか姿が見られなくなりました。192_960

|

2020年3月12日 (木)

アカハラ

13_950 この場所にはアカハラとシロハラがいますが、アカハラは警戒心が強くなかなか近くに来てくれません。

やっと近づいたと思ったら、物陰から顔を出す程度でした。14_951

|

2020年3月11日 (水)

エナガ

8_948 既にエナガの巣作りは始っているようです。

ペアで餌を探しながら近くに来てくれました。良く見ると尾羽根が曲がっています。9_949

|

2020年3月10日 (火)

キレンジャク

4_953 先日、ヒレンジャクには会っていましたが、キレンジャクは久しぶりに見ました。

どちらかと言えばキレンジャクの方が綺麗だと思います。ただ、分布を調べるとヒレンジャクの方が貴重かも知れません。

3_952 青空背景ならもっと色が綺麗に出たと思います。

7_956 フライングキャッチして虫を食べていました。6_955 5_954

|

2020年3月 9日 (月)

オオカラモズ

1_957 普通のモズよりかなり大きく、色白で良く目立ちます。2_958

|

2020年3月 8日 (日)

カワセミ

189_946 カワセミは誰が見ても美しい野鳥だと思います。背中のコバルトブルーは何度見ても飽きません。

これから先もカワセミとの出会いが何度となく訪れると思いますが、一期一会の思いで接するつもりです。190_947

|

2020年3月 7日 (土)

カワセミ

184_941 このところカワセミ撮影が再燃し、同じところに出掛けてます。

清流の鳥のイメージが定着しているカワセミですが、場所によってはこんなところにと思うほど汚れた川でも見かけます。有難いことですが・・・。

これから繁殖期に入りますが、ヤマセミと違って街中でも適応力があって頼もしい限りです。185_942 186_943

|

2020年3月 6日 (金)

カワセミ

183_939 カワセミを撮り始めた頃は見つけるのが大変でした。

たまたま近くの遊水地には生息していたものの、今のように何処でも見られる野鳥ではなかったので写真を撮るのも一苦労でした。

勿論、飛び物なんてもっての外。フィルム代のことを考えればとても連射なんて出来ないし、もし連射したとしてもブレやピンボケ写真しか撮れなかった。

デジカメは画期的な進化になりましたが、銀塩時代の一枚一枚の思い入れがなくなったように感じます。188_945 187_944

|

2020年3月 5日 (木)

カワセミ

180_937 まだ20代の頃、探鳥しかやっていなかった自分が写真を撮り始めたきっかけがカワセミです。

本屋でプロカメラマンの嶋田忠さんの写真集を見つけ、自分もカワセミを絶対撮るという思いから写真の世界に入りました。

銀塩の時代と違い、機材の進歩により今は誰でも飛翔写真が撮れるようになりました。下手ながらも、それらしい写真が撮れてた時は嬉しいものです。181_938 182_940

|

2020年3月 4日 (水)

フォトブック

1_933 初めてフォトブックを作ってみました。

大手のフジカラーが無難かなと思い、PCにソフトをダウンロードして作成開始。

写真を選ぶと、あとは勝手にレイアウトしてくれます。

ハードカバーで16ページ、出来栄えは思っていた通り。

自分の写真を製本にできたことに自己満足しています。もう少し安価なら更にgood!ですが・・・。

写真は抜粋したもの。2_934 3_935 4_936

|

2020年3月 3日 (火)

ハイイロチュウヒ

131_931 あまり天気が良くない中でのハイイロチュウヒ♀。

明るい時に出会いたい。132_932

|

2020年3月 2日 (月)

コチョウゲンボウ

68_929 今シーズン初めて♂のコチョウゲンボウに会いました。

証拠写真程度しか撮れませんでしたが、出掛けた甲斐がありました。69_930

|

2020年3月 1日 (日)

コゲラ

14_928 切り倒されて転がっていた木にコゲラが来ました。

朽ちかけ始めた木には虫が棲みついているようで、真横になって盛んに木を突いていました。13_926

|

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »