« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月31日 (金)

チョウゲンボウ

48_893 木の天辺にいる所を見つけましたが空抜け。山が背景になるように移動してから撮影しました。

49_894 上の個体とは別個体。

|

2020年1月30日 (木)

トモエガモ

3_895 今シーズン二度目の出会いです。

順光で撮れたので、綺麗な色が出ました。4_896

|

2020年1月24日 (金)

ミコアイサ

1_890 ミコアイサの♂を撮るには少し天気が良過ぎました。ダイナミックレンジが狭いと白飛びをしてしまいます。

眼で見たとおりに再現できれば満足いくのにな~。2_891 3_892

|

2020年1月21日 (火)

ヒレンジャク

20_887 久しぶりに見ましたが、いつ見ても歌舞伎役者のような顔をしています。

数が少ない上に良いところには止まってくれませんでした。21_888 22_889

|

2020年1月15日 (水)

ミサゴ

76_884 昨年暮れに撮った写真で遠景のミサゴです。

山に残る紅葉のボケの色合いがお気に入り。77_885

|

2020年1月14日 (火)

カシラダカ

7_883 久しぶりに小鳥を撮りました。偶には小鳥もいいかな。

|

2020年1月11日 (土)

トモエガモ

1_881 ウミスズメ同様、トモエガモを見るのも久し振りでした。

警戒心が強いので、ゴチャゴチャした所からなかなか出て来てくれません。

でも、夕方に近かったからか一回だけ全身を見せてくれました。短時間でしたのでラッキーでした。2_882

|

2020年1月10日 (金)

ウミスズメ

3_879 今年は色々な鳥の当たり年のような気がします。

ウミスズメは久しぶりの出会いでした。いつ見てもペンギンの子供のような可愛さが好きです。4_880

|

2020年1月 9日 (木)

ウミアイサ

7_877 ウミアイサが数羽で餌取りをしていました。

♂はいませんでしたが、♀だけで近くを泳ぎながら何度か行き来してくれました。8_878

|

2020年1月 8日 (水)

チョウゲンボウ

45_874 久しぶりに田んぼを流していると、農道沿いにある草?にチョウゲンボウが止まっていました。

今にも折れそうな細い枝なのに、案外体重は軽いのかも知れません。

46_875 飛び立った後は上空で暫くホバリングのサービス。その後、真上を通過して飛び去りました。47_876

|

2020年1月 6日 (月)

オオバン

2_868 私が野鳥観察を始めた頃には見かけなかったオオバンは、今では川・池・海の何処にでもいる普通の野鳥です。

海での出来事です。目的の鳥を待っている時、岸よりにいた一羽のオオバンがダンスでもしているのかなと思わせるような仕草をしていました。

3_869 すると何かが背中に張り付いているように見えました。よく見ると吸盤が付いた足です。

4_870 5_871 オクトパスの襲来を受けたオオバンは、必死に逃れようとしていました。このままでは海へ引き込まれてしまうかも知れない、と思うほどもがいていたのです。6_872 嘴でオクトパスの足を突いていると、急にオクトパスから離れたのが分かりました。

7_873 何故オクトパスがオオバンにくっついて来たのかは分かりませんが、無事でなりよりでした。

|

2020年1月 4日 (土)

ベニマシコ

5_865 赤い成鳥の♂は居ませんでした。二カ所で声を確認したものの、姿が見られたのは写真が撮れた一箇所だけ。

6_866 可愛い声を聞くのも姿を見るのも久し振りでした。7_867

|

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »