« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月26日 (水)

ユリカモメ

1_523

以前はユリカモメが渡来すると沢山飛んでいる姿を堪能できたのに、今は数羽しか確認できません。

暖冬でまだこれから移動してくるのかも知れませんが、日本一のお山を背景に乱舞する姿を見たいと思ってます。2_524

|

2018年12月25日 (火)

ウミアイサ

5_521
ウミアイサを撮影した時は曇り空だったので、水面が真っ白になってしまいました。

河口の鳥達は、例年に比べ数も種類も少なく寂しい限りです。6_522

|

2018年12月24日 (月)

チョウゲンボウ

37_519
強風が吹いていた日、田んぼに降りて風に耐えていた所を発見。

じっくり見ていると、突然直ぐ近くに飛び出し小さなネズミを捕まえました。

ネズミはチョウゲンボウが止まっていた近くの藁に隠れていたんでしょうが、運が悪かった。38_520

|

2018年12月23日 (日)

ルリビタキ

21_518
木々の間からしか姿を見ることができないルリビタキ。全く愛想が悪い。

まだ人馴れしていないのかも知れませんが、綺麗な青色を明るい所で見たかった。

|

2018年12月22日 (土)

シロハラ

11_512
例年なら何個体もいるのに、今は見るのも難しいシロハラです。

やっと見つけたけれど、トラツグミ同様警戒心が強く直ぐに姿を見失いました。12_513

|

2018年12月21日 (金)

トラツグミ

10_516
見つけるまでに時間が掛かりました。

もっとフレンドリーだと思っていましたが、まだまだ警戒心が強いトラツグミです。11_517

|

2018年12月20日 (木)

ヤマシギ

3_514
暗い林の中でヤマシギを探すのは簡単ではありませんが、頭に陽が差していたので見つけることができました。

見つけてからは殆ど動くこともなく、採餌のシーンを見ることは出来ませんでした。4_515

|

2018年12月 5日 (水)

コチョウゲンボウ

57_507
コチョウゲンボウが田んぼに降りている時は、食事の時とその後の休憩の時が多いようです。

この時は直ぐ近くにチョウゲンボウも休んでいました。どちらも喧嘩することもなく、おとなしくしていました。58_508

|

2018年12月 4日 (火)

チョウゲンボウ

34_504
田んぼ廻りをしていると、チョウゲンボウを一日何個体も見ます。

その中でも飛び切り綺麗な♂の個体がいますが、出会えた時は嬉しくなります。35_505

36_506

|

2018年12月 3日 (月)

タヒバリ

6_495
田んぼには色々な野鳥がいますが、地味なタヒバリはバーダーにはあまり人気がないようです。

草の色のボケ具合が良かったので、タヒバリを入れて撮ってみました。7_496

|

2018年12月 2日 (日)

オオタカ

42_497
オオタカの姿は何度も目撃していましたが、簡単には撮らせてもらえません。

成鳥も撮るチャンスがあったのに、未だに撮れないでいます。43_498

|

2018年12月 1日 (土)

ハヤブサ

37_509
いつものように田んぼ廻りをしていると、知人に出会いました。あと15分か30分早かったら良いシーンが見られたのにと出鼻をくじかれるような言葉が・・・。

でもまだ運があったようです。ハヤブサが自分達のいる近くを何度も旋回してくれました。理由を書くと長くなりますので省きますが、久しぶりに近くで見るハヤブサは超格好良かったです。

全てノートリの画像です。38_510
39_511_2

|

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »