« チゴハヤブサ | トップページ | アマツバメ »

2013年10月14日 (月)

ノビタキ

11_670 田んぼの稲刈りも晩生のものを残すだけで、ほぼ刈り取りが終わっていた。

タマシギやヒクイナがいた田んぼも、既に稲刈りが終わり鳥達の姿はなかった。

セイタカアワダチソウが黄色くなったところにいたのはノビタキだった。

地味な冬羽に変ったノビタキには、黄色が良く似合っているように見えた。12_671

|

« チゴハヤブサ | トップページ | アマツバメ »

コメント

マータンさん、こんばんは
セイタカアワダチソウに秋のノビタキは同じ暖色系
なのでよく合いますね
もうしばらくはここに居てほしいと思います
タマシギとヒクイナの田圃の稲刈りが終わって
淋しくなりましたが、来年また会えるように
彼らの無事を願うしかありません

投稿: カトウ | 2013年10月14日 (月) 20時45分

マータンさん、こんばんは。
夏羽のノビタキは緑に良く合いますが、冬羽は黄色に良く合いますね。
ノビタキは繁殖に合わせて換羽しているんでしょうが、周りの風景にもうまく合わせていますね。
自然と生き物の融合を感じます。

投稿: MR.M | 2013年10月14日 (月) 21時22分

カトウさん、こんばんは。
今の田んぼで一番楽しませてくれるのは、やはりノビタキですね。
体色と同じ色合いの所に止まっても違和感がありませんし、写真としても見られる物になります。
タマシギとヒクイナは、また来年のお楽しみですね。

投稿: マータン | 2013年10月15日 (火) 18時25分

MR.Mさん、こんばんは。
仰るとおりだと思います。
季節が変っても周りの背景と融合している様は、自然界の成り行きなのかも知れませんね。

投稿: マータン | 2013年10月15日 (火) 18時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チゴハヤブサ | トップページ | アマツバメ »