« 2013年9月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年10月20日 (日)

オオタカ

24_669 遠くでカラスがモビングしているように見えたのでそちらへ行ってみると、電柱にオオタカが止まっていた。

電柱の下を散歩の人が通ったが飛ばずにいた。オオタカにしては珍しい。

暫くすると西へ向かって低く飛んでしまったが、探しに行くと木の枝に止まっていた。

のんびりと毛繕いをしていたが、近付くこともできなかったので記念写真を撮らせてもらった。

| | コメント (4)

2013年10月18日 (金)

カケス

_672 大物探しに県境まで出掛けた。

先日まで夏の暑さが残っていたが、北斜面の山の中腹は涼しさを通り越し寒いほどだった。

椅子に座ってゆったりしていると、深い谷の間を一羽のカケスがドングリを咥えて飛んで行った。

お山ではボチボチ冬の支度が始まっているようだ。

肝心の大物は、ほんの5秒だけで尾根の向こうに姿を消してしまった。

| | コメント (2)

2013年10月16日 (水)

アマツバメ

5_673 サシバの渡りは、ほぼ終了。

最後に地元近くで、高かったが数十羽の渡りを見れたのは予想外だった。

アマツバメも沢山飛んでいたが、集団での撮影は困難。

一羽が青空の中から降下して山肌背景に飛んだ姿は、凄く格好良かった。

| | コメント (6)

2013年10月14日 (月)

ノビタキ

11_670 田んぼの稲刈りも晩生のものを残すだけで、ほぼ刈り取りが終わっていた。

タマシギやヒクイナがいた田んぼも、既に稲刈りが終わり鳥達の姿はなかった。

セイタカアワダチソウが黄色くなったところにいたのはノビタキだった。

地味な冬羽に変ったノビタキには、黄色が良く似合っているように見えた。12_671

| | コメント (4)

2013年10月11日 (金)

チゴハヤブサ

5_662_2 最終日、朝から天気は快晴だった。週間天気は外れてくれたものの、朝からタカの飛ぶ気配か全くなかった。

唯一楽しませてくれたのがチゴハヤブサだった。

時間にしたら数秒だったが、比較的近くを高速で飛びタカの渡りの最後を飾ってくれた。

| | コメント (8)

2013年10月10日 (木)

ツミ

1_663 サシバやハチクマに混じってハイタカ属も飛んでいくが、この時期だと圧倒的にツミの割合が高い。

近くに来てくれることは殆どないが、高速で高い所を通過していく様は見ていて気持ちいい。

できれば青空の中で見たかった。2_664

| | コメント (2)

2013年10月 9日 (水)

ハチクマ

5_665 サシバが低調だけでなく、ハチクマも同様だった。

初日に近くを飛んでくれた個体が唯一楽しめただけで、あとは遠いか全く姿を見ないかで終ってしまった。

折角の休みも消化不良になってしまったが、また良い時もあるかも知れない。9_667

| | コメント (4)

2013年10月 8日 (火)

サシバ

15_658 今年のサシバの渡りは、いつもの年と違っている。

この時期になっても太平洋側で観察されている数は、一箇所を除き何処も不調だ。

原因が分らぬまま毎年出掛けている先でも、過去最低の観察に終ってしまった。

初日に多少は飛んでくれたものの、曇り空背景では証拠写真にしかならなかった。17_659

| | コメント (4)

2013年10月 2日 (水)

タマシギ

2_657 田んぼでは稲刈りが着々と進んでいた。

その中でもまだ水が入っている田んぼがある。タマシギの好きな場所で、時折ヒクイナまで出てくれる。

朝は逆光のためタマシギ本来の色も出ないが、稲の陰に見え隠れする姿を見ていると大きな眼に吸い

込まれそうになる。1_656

| | コメント (2)

« 2013年9月 | トップページ | 2014年1月 »