« ルリビタキ | トップページ | ジョウビタキ »

2013年1月22日 (火)

ハイイロチュウヒ

59_533 近くの田んぼに入ったのは2シーズン続けてだ。

♂はなかなか入ることはないが、いつ出てくるか分からないハイチュウは♀でも待ち甲斐がある。

それだけに、姿を見たときの感動は何とも言えない。これがハイチュウの魅力なのかも?

背景がもう少し良い所ならば納得できるが、そういう場所で撮れないのが残念だ。57_532

|

« ルリビタキ | トップページ | ジョウビタキ »

コメント

こんばんは
ハイチュウが来ているって聞いたので行ってみましたが
まだ見てません、空しく帰ってきたのですが
実際にいるんですね(^.^)
来ていることが分かっただけで嬉しくなりました

投稿: カトウ | 2013年1月22日 (火) 20時56分

マータンさん こんばんは。
待ちに待ったハイイロチュウヒとの出会い良かったですね。
皆さんのブログなどを拝見していても、今季は捗々しい情報もなく、私は一度もそちらにお邪魔していません。(これでは撮れる筈もありませんが・・)

投稿: ken | 2013年1月22日 (火) 21時01分

カトウさん、こんばんは。
私も先週の土曜日は空振りでした。
少し前の写真なので、もしかすると既に抜けてしまってしまったかも知れません。
でも、神出鬼没のハイチュウのことですから分かりませんが・・・。

投稿: マータン | 2013年1月22日 (火) 21時31分

kenさん、こんばんは。
昨シーズンと違って田んぼは活気がありません。
折角入ったハイチュウですが、もしかしたら抜けてしまったかも?
どのフィールドに行っても小鳥類に比べ、猛禽類が少ないように感じているのは私だけでしょうか?

投稿: マータン | 2013年1月22日 (火) 21時34分

「いつ出てくるか分からないが待ち甲斐がある」と
いう言葉はさすが。
吹きさらしの田んぼの中でじっと待っている姿が
目に浮かびます。
長い経験と「撮る」という思いのなせる業で
しょうね。

「あそこに行ったら何か出てくれるから」と
ただキョロキョロ・ウロウロしている自分が
少々恥ずかしいです。
近いうち田んぼに行きます。
お会いしたらよろしく。

投稿: なか | 2013年1月22日 (火) 22時43分

なかさん、こんばんは。
私も同様ですよ。何がでるか分からない場所を、ウロウロすることが多いです。時間の浪費ですが、何もいなくてもそれはそれで収穫だと思っています。
田んぼには偶に行きますが、お会いした時はよろしくです。

投稿: マータン | 2013年1月23日 (水) 17時35分

ハイチュウ♀、一枚目が好きです。色合いが良いですし、民家を背景も全然悪く有りません。
こんなフィールドが近くに有るなんて宝の山に住んでいるみたいですね。^^v

投稿: kokoton | 2013年1月23日 (水) 19時19分

kokotonさん、こんばんは。
田舎ですから、都会では見られない野鳥も見られることもあります。自分の中では、人工物が写ってしまうのはあまり好きではないのですが、環境を入れて撮るという意味では良いのかも知れませんね。

投稿: マータン | 2013年1月23日 (水) 19時24分

マータンさん、こんばんは。
猛禽が少ない中、しっかりとゲットしているのは流石ですね。今シーズン、根性がない私は神出鬼没のハイチュウに出会えそうもありません。

投稿: koruri729 | 2013年1月23日 (水) 23時08分

koruri729さん、こんばんは。
やはり猛禽が少ないと感じてますか。ハイチュウに会えるのは、偶然によるところが大きいですね。
フィールドに出ることでチャンスを待っていますが、最近は鳥運がないように感じてます。

投稿: マータン | 2013年1月24日 (木) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ルリビタキ | トップページ | ジョウビタキ »