« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月28日 (月)

ハギマシコ

8_541 雪の中のハギマシコをやっと撮ることができた。

雪の中と言っても、雪のないところで採餌することが殆どなのでチャンスは早々ない。

真っ白な世界の中にハギ色が映えていたことは言うまでもない。7_540

| | コメント (8)

2013年1月26日 (土)

フクロウ

_542 日がまだ残るフィールドの中で見るフクロウの存在は、静寂を感じさせてくれる。

僅かな風の音だけが聞こえる中で、周りを注意深く観察している姿につい見とれてしまう。

飛び出した方向は、予測に反して後ろだった。1_543

| | コメント (8)

2013年1月24日 (木)

ジョウビタキ

12_538 ジョウビタキの♀は、いつ見ても可愛い。

仕草といい、まん丸のお目めといい、全てがチャーミングで好きだ。

餌が乏しく寒さが厳しいこの場所でも、活発に動きまわっていた。13_539

| | コメント (2)

2013年1月22日 (火)

ハイイロチュウヒ

59_533 近くの田んぼに入ったのは2シーズン続けてだ。

♂はなかなか入ることはないが、いつ出てくるか分からないハイチュウは♀でも待ち甲斐がある。

それだけに、姿を見たときの感動は何とも言えない。これがハイチュウの魅力なのかも?

背景がもう少し良い所ならば納得できるが、そういう場所で撮れないのが残念だ。57_532

| | コメント (10)

2013年1月20日 (日)

ルリビタキ

14_534 皆さんが撮られている幸せの青い鳥、ルリビタキに遅ればせながらやっと出会うことができた。

人が沢山集まる公園の野鳥は、短時間でもフレンドリーで十分楽しめる。

切り株のお立ち台に来たり、目の前の虫を捕りに来たりと飽きることはない。

大きすぎる写真は品もないが、偶にはいいかも知れない。15_535

| | コメント (4)

2013年1月18日 (金)

アカウソ

2_527 今シーズン、シロハラ同様に何処のでも現れるウソ。それもお腹がピンク色したアカウソと思われる個体が多い。

数羽が群れになり梅や桜の蕾をムシャムシャ食べていたが、この先無事に開花するか心配なほどだ。

(別の場所での♂)_526

| | コメント (4)

2013年1月16日 (水)

シロハラ

9_528 この冬は、シロハラとウソは何処に行っても見られると言っても過言ではない。

今年になってから我が家の庭にも初めてシロハラが来てくれた。これにはビックリ!!

何処の公園でも愛想の良いシロハラがいてくれるので、鳥好きには堪りません。10_529

| | コメント (0)

2013年1月14日 (月)

アオバト

3_536 冬にアオバトを見られるとは思いも寄らなかった。

夏山にいるアオバトは警戒心が強く、木の上にいても気付かれて飛び去ってしまうことが多い。

今までかつて、これだけフレンドリーなアオバトを見たことがない。4_537

| | コメント (2)

2013年1月 8日 (火)

ハイイロチュウヒ

56_525 今シーズン、小鳥は色々見ることが出来きるが猛禽類は不作のように感じる。

寒さが厳しく期待が大きかっただけに、空振りが続くとやる気が削がれてしまう。

大好きなハイイロチュウヒを見ることは出来ても撮影まで至らなかったが、空抜けではあるがやっとチャンスが訪れた。

久しぶりのハイイロチュウヒに心躍ったのは、勿論のことだった。55_524

| | コメント (6)

2013年1月 4日 (金)

オオタカ

26_522 今年最初の鳥見は2日だったが、オオマシコを再度探してみたものの見つけることが出来なかった。

3日に久しぶりに田んぼへ出掛けた。今シーズンの田んぼは、目ぼしい鳥が出てくれず面白みに欠けるのか、バーダーにもあまり出会うことがない。

そんな中、カラスを襲ったオオタカ若に一日付き合ってしまった。

道路から至近距離だったが、車やバイクが通っても、犬を連れた散歩の人が通っても飛ぶことはなかった。

昼前から薄暗くなるまで、実に5時間半、殆ど車の中から見ていた。27_523

| | コメント (8)

2013年1月 2日 (水)

オオマシコ

1_520 明けましておめでとうございます。

旧年中はブログをご覧になっていただいた方々に、大変お世話になりました。

本年も宜しくお願い致します。2_521

| | コメント (14)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »