« ミヤマホオジロ | トップページ | ウソ »

2012年11月19日 (月)

カヤクグリ

_490 落葉した林道には落ち葉が重なり、自分の足音で周りの小さな音をかき消してしまいます。

ガサガサと落ち葉を踏みしめる音の中に、鈴の音のような鳴き声が聞こえました。

立ち止まって声のする方を探してみると、久しぶりに会うカヤクグリでした。

姿からは想像できない繊細な美声が、今でも耳に残っています。1_491

|

« ミヤマホオジロ | トップページ | ウソ »

コメント

マータンさん、こんにちは

一編の詩を読ませていただきました
落ち葉を踏みしめて野鳥を探しながら歩いていく
情景ががありありと浮かんできます
カヤクグリの鳴き声はまだ聞いたことがありませんが
鈴の音のようなその声は私の心の底にも
微かに聞こえてきます

投稿: カトウ | 2012年11月20日 (火) 16時39分

マータンさん こんばんは。
カヤクグリは日本特産種との事ですね。そう容易には観られないのでしょうね。
チリチリチュリチュリと鳴いているところですね、お腹がぷっくり膨らんでいるところが可愛いですね。

投稿: ken | 2012年11月20日 (火) 19時08分

カトウさん、こんばんは。
姿からは想像のできない良い音色です。
素敵な詩をありがとうございます。私には上手く表現できませんが、一度聞いたら忘れないで心に残ること間違いなしです。

投稿: マータン | 2012年11月20日 (火) 19時18分

kenさん、こんばんは。
固有種と言えども、夏は高山に行けば見られると思います。
寒くなると下のほうに降りてきますが、里まではどうでしょうか?
今時、鳴いているところを見られて運が良かったです。

投稿: マータン | 2012年11月20日 (火) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミヤマホオジロ | トップページ | ウソ »