« コマドリ | トップページ | コルリ »

2012年9月13日 (木)

ルリビタキ

10_415 とある場所でツグミの仲間を期待して待ちましたが、姿を見せてくれませんでした。

姿を見せてくれた小鳥類の種類も数も少なく、もっと楽しめると思ったのに期待外れ。

ルリビタキもこの一羽だけで、綺麗な♂の成鳥は見れませんでした。11_416

|

« コマドリ | トップページ | コルリ »

コメント

マータンさん こんばんは。
ルリビタキ、懐かしい?です。こちらの公園では”冬の使者”のように毎年きてくれるので地元の野鳥ファンが、その日を待っています。今年も来てくれればありがたいのですが・・

投稿: ken | 2012年9月13日 (木) 21時30分

kenさん、おはようございます。
幸せを運ぶ青い鳥ですから、見れたら良いことがありそうです。
平地では冬鳥ですが、標高が高い所にまだ残っているようです。
今年も近くに来れば良いですね。写真を期待しています。

投稿: マータン | 2012年9月14日 (金) 07時02分

おはようございます
ルリビタキはいつ見ても心躍ります
背中の青と横腹の黄色の組み合わせは最高
ルリビタキはヒタキ科と思っていたらツグミ科なんですね

投稿: カトウ | 2012年9月15日 (土) 06時41分

カトウさん、こんばんは。
青い鳥は、誰もが引かれる何かを持っているんでしょうね。
仰る通り、横腹の黄色とのコントラストが、ルリビタキらしさを強調しているかのようです。
冬に里で見るのが楽しみですね。

投稿: マータン | 2012年9月15日 (土) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コマドリ | トップページ | コルリ »