« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月29日 (土)

ヒクイナ

6_433 タマシギを待っている時、突然稲の間から姿を見せたのがヒクイナ。

鮮やかなお腹の色の筈がくすんで見えたのと、体つきがやや小さかったように見えたが、今年生まれの子なのか?

数秒でまた稲の中に消えてしまった。7_434

| | コメント (4)

2012年9月27日 (木)

タマシギ

1_427 タマシギがいる所は大分前から分かっていたが、日中の暑さに耐え切れず写真は諦めていた。

でも、数羽同時に見ることはそうそうないと思い、暑い中だったが待つことにした。

結果、一度も丸見えのところには出てきてくれず、完敗に終わってしまった。_428

| | コメント (6)

2012年9月25日 (火)

ノビタキ

14_432 このところ暑さも大分緩んできた。朝晩は涼しくなり、夜も良く眠れる季節になりつつある。

田んぼで、お山から降りてきた数羽のノビタキに出会うことができた。

すっかり衣替えした姿は、秋を感じさせてくれるのに十分だった。13_431

| | コメント (6)

2012年9月23日 (日)

カワセミ

123_409 以前よく行った、いつもと違う湧水地を覗いてみました。

最近はカワセミ狙いにカメラマンが来ている噂を聞いていましたが、この日は誰も来ませんでした。

カメラマンの殆どが引退組の方々らしく、休日はお休みなのかも知れません。

♀のカワセミが数回姿を見せてくれましたが、木が覆いかぶさっている池の周りは暗く、カメラの性能に助けられました。124_410

| | コメント (4)

2012年9月21日 (金)

イカル

1_423 展望台でタカの出現を待つ間の楽しみの一つが、夏鳥の渡りを見ること。

でも、この日は何も通過しなかった。ここではまだ早いようで、これから先見られるようになるでしょう。

その代わりイカルの少数の群れが、暑い日差しの中で待つ私を癒してくれた。_424

| | コメント (4)

2012年9月19日 (水)

ハチクマ

7_421 サシバの次に現れてくれたのは、展望台の近くを飛んでくれたハチクマ。

遠くを飛ぶ姿をノスリと見間違い、あやうく撮り損ねるところだった。

そうそう近くを飛ぶことがないのに、観察者が3人だったからかも。

よく見ると、右翼の先端にクモの糸が付いているのかな?。8_422

| | コメント (6)

2012年9月17日 (月)

サシバ

12_419 いよいよ始まったタカの渡り。

昨日、地元に近い展望台に行ってみた。

たった若鳥が一羽だったが、初めて観察して出てくれたのは嘗てなかったかも?

空抜けでも、初物はいいものです。13_420

| | コメント (11)

2012年9月15日 (土)

コルリ

3_413 今シーズン、コルリをまともに見ることも出来ず、相変わらず相性の悪さは改善していません。

初夏に鳴き声だけは十分堪能できたのですが、カメラに収めるまでは至りませんでした。

この子も成鳥でなく残念でしたが、夏の終りに脚の長い姿を見ることが出来て良かったです。4_414

| | コメント (6)

2012年9月13日 (木)

ルリビタキ

10_415 とある場所でツグミの仲間を期待して待ちましたが、姿を見せてくれませんでした。

姿を見せてくれた小鳥類の種類も数も少なく、もっと楽しめると思ったのに期待外れ。

ルリビタキもこの一羽だけで、綺麗な♂の成鳥は見れませんでした。11_416

| | コメント (4)

2012年9月11日 (火)

コマドリ

10_411 久しぶりに涼しい場所へ行って見ました。

直ぐに現れたのが、あまり綺麗とは言えないこの子でした。

いきなり藪の中から出てきて、こちらもビックリ!!

図鑑写真より大きなものになってしまいました。11_412

| | コメント (2)

2012年9月 9日 (日)

アマツバメ

_021_408 先日、田んぼで探鳥している時、大空を飛び回っているアマツバメを見つけた。

腕もないのに、無謀にも500mmを振り回したが結果はご覧の通り。

年々腕力も衰えていく中で、こんなものしか撮れないのが現実です。2_407_2

| | コメント (6)

2012年9月 1日 (土)

カワセミ

121_405 今年の暑さは異常なくらいで、休日の鳥見も休みが多くなってます。

何処に行っても暑いだけで、亜高山まで行く元気もなく、近場に様子見に行ってきました。

カメラマンの姿もなく、静かなひと時を過ごしましたが、蒸し暑さに負けて早々に退散です。

二度姿を見せてくれたカワセミに感謝です。122_406

| | コメント (8)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »