« コムクドリ | トップページ | アカモズ »

2012年7月 6日 (金)

オオルリ

9_390 諦めが悪く、また赤い鳥を探しに出掛けた。

そこで出迎えてくれたのがこのオオルリ。

暗い林の中で小さな声で囀っていたが、距離が近いこともあって直ぐ逃げてしまうと思った。

でも、逃げない。直ぐにカメラを準備し撮影を試みた。

感度を上げるのは好きではないが、あまりにも暗くISO800にセット。SSを確認すると、1/6秒と超低速だった。

よくブレずに撮れたと自分ながら感心した。

肝心の赤い鳥は、遠くの声のみで惨敗だった。

|

« コムクドリ | トップページ | アカモズ »

コメント

マータンさん、こんばんは。
かなり暗かったんでしょうね。
1/6秒でホントによくブレなかったですね。
僕ならこんなに暗ければ撮影を諦めてしまいます。
でも、諦めずに撮らないとうまくはならないですね。

投稿: MR.M | 2012年7月 7日 (土) 21時12分

MR.Mさん、おはようございます。
暗かったとは言え、目の前にいる青い鳥を指を咥えて見過ごす訳にはいきませんでした。
高感度耐性の優れたカメラと、手振れ補正のあるレンズの威力は凄いですね。銀塩カメラ時代では勿論諦めていたでしょう。

投稿: マータン | 2012年7月 8日 (日) 06時08分

 超低速でも青い鳥が撮れたり、赤い鳥の声が聞けてよかったですね。先ほど帰って来ましたが、青い鳥の声は聞こえましたが、赤い鳥は声すら聞こえず大惨敗でした。もう今シーズンは諦めました。

投稿: ISO | 2012年7月 8日 (日) 17時26分

ISOさん、こんばんは。ご無沙汰しております。
この場所には一度しか行けませんでしたが、運良く声だけは聞くことが出来ました。でも、遠かったですよ。
私も今シーズンは諦めました。地元では難しい鳥だけに、出会えたときの喜びは格別なんですがね~。

投稿: マータン | 2012年7月 8日 (日) 20時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コムクドリ | トップページ | アカモズ »