« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月31日 (木)

ゴジュウカラ

1_370 コマドリがいる森では、色々な野鳥を見ることが出来ました。

写真は撮れなくても癒される空間です。

一番活発に動き回っていたのはゴジュウカラでした。3_371

|

2012年5月27日 (日)

コマドリ

8_368 やっと写真を撮らせて貰えましたが、ご覧の通りゴチャゴチャの所でした。

毎年通う場所とは別の所で、4度目にして見えるところに出てきてくれました。

サービスが悪いので、この先もきっと思うような写真は期待できそうにありません。9_369

|

キビタキ

13_366 今年はキビタキが多いような気がします。その代わりオオルリは少ないような・・・。

低地から亜高山まで満遍なく生息していて、色物の野鳥の中では愛想が良い方だと思います。

目当ての鳥が撮れない中、癒しになりました。14_367

|

2012年5月25日 (金)

キバシリ

1_364 忙しそうに木から木へ飛び移りながら餌探しをしていました。何処かに雛がいたのかも?

せわしなく動き回るので、予測して撮るしかありませんでした。3_365

|

2012年5月24日 (木)

サンコウチョウ

4_358 県の鳥といえばサンコウチョウ。この鳥を見ないと夏鳥が来たような気がしません。

約一週間前に来てくれたかどうか確認に行ったところ、林の上の方で鳴いていました。

でもこの個体、何かおかしい。アイリングは鮮やかなブルーとは言えない、尾羽が一枚だけ長い。♀だと思いますが、よく分かりません。5_359

|

2012年5月22日 (火)

ミソサザイ

7_354 林の中でひと際大きな声で囀っていたのがミソサザイ。

あんな小さな体で、よくもあれだけ大きな声がだせるのかな~。聴く度に感心してしまいます。

既にペアになっていて、♂が一生懸命アピールしているようでした。8_355

|

2012年5月21日 (月)

アオバト

1_360 ヒンカラ鳴く鳥を探しに出掛けましたが、声だけで終わってしまいました。

山道を歩いている途中、独特の鳴き声のアオバトを見つけました。

高い木の天辺で新芽を啄ばんでいたのは、10羽位だったでしょうか。

食べている所は、枝や葉が邪魔をして全然駄目でした。2_361

|

2012年5月19日 (土)

フクロウ

_363 今朝、友人からフクロウの雛がいると連絡を貰いました。

直ぐに鳥探しを止め、その場所まで行ってみました。

すると、まだ産毛が完全に取れていないフクロウの巣立ち雛が・・・。

親が近くで見張っている筈なので、早々に切り上げました。1_362

| | コメント (8)

2012年5月18日 (金)

ルリビタキ

8_356 林の中を歩いていると、ルリビタキの地鳴きが聞こえてきました。

よく見ると♂はまだ青くなく、若い個体でした。

近くにいた♀も、冬に見るような可愛い子には見えなかったような・・・。9_357

|

2012年5月17日 (木)

アカハラ

4_350 狙いは足の長い青い鳥でしたが、残念なことにチラッと姿を見ただけで終わってしまいました。

早朝に出掛けたのにアカハラの鳴きは良くありませんでしたが、遠いながらも何とか撮らせてもらいました。5_351

|

2012年5月16日 (水)

トビ

3_353 普段は飛んでいても撮ることのないトビ。

何かを掴んでいれば、とりあえず”撮ってみるか”位の対象です。

死んだ?魚を何処かで見つけたようで、直ぐ近くを旋回して姿を消しました。

大物がこれくらい近ければな~。

1_352

|

2012年5月15日 (火)

ツバメチドリ

3_347 今夜が最後のツバメチドリ。

色々な表情や行動を見せてくれました。

田んぼに溜まった水を飲みに来たのは予想外でした。鏡のような水面だったら最高だったのに・・・。7_346

| | コメント (6)

2012年5月14日 (月)

ツバメチドリ

8_349 沢山撮った筈なのに、使えるものは限られていました。

機材は一流?なのに、腕はまだまだと言うことですね。

それにしても口紅をつけたような口元が、何てチャーミングなんでしょう。5_348 正面からの撮影って、意外と難しいです。2_345

|

2012年5月13日 (日)

ツバメチドリ

1_343 今日から三連荘でツバメチドリを。

丹念に田んぼ周りを探しても鳥が見つからないことが多いのに、この日は直ぐに見つかりました。

運の悪い日と良い日があるんですね。この日は運が良かっただけ。

久しぶりに沢山シャッターを切ってしまい、日頃の鬱憤も何処へやら。4_344 残ったレンゲが色を添えてくれました。6_342

|

2012年5月11日 (金)

キビタキ

11_335 いつもの年ならGW中はキビタキやオオルリ三昧しているのに、今年はあまり見る機会がありませんでした。

この日は別の鳥を探しに行きましたが、声だけで姿を見ることは出来きませんでした。

帰りがけ寄った場所でキビタキが姿を見せてくれましたが、悲しいかな銀色の足環付でした。12_336

|

2012年5月10日 (木)

セッカ

4_337 田んぼで見かけるセッカは高原にもいます。

大また開きで股が痛くないのでしょうか。

私は体が硬く、90度も開脚できません。セッカの柔軟さが羨ましいです。5_338

|

2012年5月 9日 (水)

ノスリ

17_339 高原では、何羽かのノスリを見かけました。

冬場にはあまり見かけなかったのに、移動してきた個体なんでしょうか?

|

2012年5月 8日 (火)

モズ

8_341  高原で見つけたモズの口には、トカゲが咥えられていました。

トカゲの尻尾は切れているので、モズに襲われた時に自切して逃げようとしたんでしょうね。

生きていれば尻尾はまた生えてきた筈なのに・・・。7_340_2

|

2012年5月 7日 (月)

ヒクイナ

2_325 水辺の葦原から出てくるのをジッと待つのは根気が要ります。

いつもは鳴き声が聞こえてくるのに、この日は聞こえませんでした。

理由は写真で見たとおり、お相手がいたからでしょうね。3_326

|

2012年5月 6日 (日)

セイタカシギ

5_333 田んぼを何度廻ってみても、目新しいシギチは見つかりません。

田植えが終わった田んぼに、セイタカシギが一羽入っていました。6_334

|

2012年5月 5日 (土)

シロチドリ

2_328 コチドリも可愛いですが、シロチドリも可愛さでは負けていないと思います。

砂礫の上で一生懸命虫を捕食していました。1_327

|

2012年5月 4日 (金)

キアシシギ

3_331 小雨が降る中、シギチ探しに。

沢山見られたのはキアシシギとムナグロ。

何箇所かで、数羽から30羽までの群れを見ることが出来ました。4_332

|

2012年5月 3日 (木)

アマサギ

5_329 田植えの季節に合う野鳥と言えば、アマサギを思い浮かべます。

トラクターが耕運した後、食べ物を探す姿が田んぼに良く似合います。

亜麻色がとても綺麗でした。6_330

|

2012年5月 1日 (火)

チュウシャクシギ

2_323 春の渡りは気まぐれです。

見たいシギチを探し回っても、そう簡単には見つけられません。

やっと見つけたのは4羽のチュウシャクシギでした。1_324

|

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »