« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月30日 (日)

コチョウゲンボウ

20_231 今シーズン初めてコチョウゲンボウに出会いました。

見つけた時は、逆光で曇り空バックの中、枯れ木の上で食事中でした。

むしっている羽根が飛んでいくのが分かりましたが、順光で撮りたかったな~。

電線止まりのドアップ証拠写真もついでに貼っておきます。19_230

| | コメント (4)

2011年10月27日 (木)

タシギ

2_225 田んぼのシギチは、殆ど見ることが出来なくなってしまいました。

しかし、この田んぼで冬を過ごすタシギだけは所々で見ることが出来ます。

タシギを見つけた一枚の田んぼの中に、多分10個体位はいたと思われます。

何故この田んぼに集中していたのかは分かりませんでした。

| | コメント (4)

2011年10月25日 (火)

ヒクイナ

_228 いつも行く田んぼの中に、野鳥のオアシスがあります。

ここでジッとして何か出てくるのを待っていると、出てきましたヒクイナが。

警戒心が強く、ガマの中から姿を見せると同時に、飛んで別のガマの中に入っていってしまいます。

なかなか手強い相手ですが、何とか撮影成功でした。1_229

| | コメント (2)

2011年10月23日 (日)

ノビタキ

6_226 最近は週末になると天気がぐずついてしまい、鬱憤が溜まっていました。

今日はまずまずの天気。さて何処に行こうかとお山を見ると、雲に覆われているではありませんか。

仕方なく予定していた所を諦め、田んぼに行くことにしました。

セイタカアワダチソウがあちらこちらで咲いているのが見えましたが、肝心の鳥がいない。

諦めずに田んぼを流していると、居ました。まだノビタキが残っていて、しきりに餌取りをしているではありませんか。

黄色い花に止まった所をパシャ。もう少しロケーションが良ければと思いつつ、シャッターを押しました。7_227

| | コメント (2)

2011年10月17日 (月)

カワセミ

94_223 カワセミのいる池には、まだこの年生まれの子が居ついています。

自分の子でも親としては追い出さなければなりませんが、子もそう簡単にはこの場所を去るつもりがないようです。

生きていくために食料である魚を食べていかなければなりませんが、メダカ程度の小魚しか獲れないようです。

何度も飛び込んでは小魚を獲っていましたが、何匹食べればお腹が一杯になるのかな~。95_224

| | コメント (4)

2011年10月15日 (土)

オオタカ

16_221 冬が近付いてくると、グッと猛禽を見る機会が増えます。

猛禽大好きな私にとっては、この季節が一番好きかな?

突然上空に現れたオオタカ若に、カラスが数羽で執拗に追いかけていました。

逃げるだけのオオタカを見ていると、本当に猛禽?と思ってしまいます。17_222

| | コメント (4)

2011年10月13日 (木)

マガン

_219 先日、冬になるとよく行く田んぼで2羽のマガンを見つけました。

渡りの時期なので、何時何処にどんな野鳥が出るのかも分かりません。

フィールドでの思わぬサプライズを期待するには、今の時期が最適かも知れませんね。

このマガン、何処まで移動するのか知りたかったです。1_220

| | コメント (2)

2011年10月11日 (火)

ノゴマ

_217 三連休の初日はサシバの最後の渡りを観察するつもりでいたのに、朝起きたら曇空。

急遽サシバは諦め、地元のお山に行ってみました。

現地に到着して早々、何と思いもよらぬ鳥が眼に入ってきたんです。

喉が赤い?もしやと思い双眼鏡で入念に見てみると、やはりノゴマでした。

初めて見るのにアカショウビンの時ほどはときめきはありませんでしたが、それでも嬉しくて姿が見えなくなっても何時までも探してしまいました。1_218

| | コメント (4)

2011年10月 9日 (日)

アカハラダカ

1_210 今年の伊良湖は異常なほどサシバが飛びません。例年だと、約一万羽が南に向かって飛んで行くのを見送ることが出来るのに、全く数が出ていません。

圧倒的にサシバの数が多い中で、ハイタカ類やハヤブサ類が時々姿を見せてくれます。

ここでは渡りの時期に数羽程度しか確認できないアカハラダカが、ビックリするほど出てくれました。こんなことは今まで経験したことがありません。

「何か異変でもなければいいけれど」と思ってしまうような今年の伊良湖でした。2_211 _209

| | コメント (6)

2011年10月 7日 (金)

ハチクマ

5_214 サシバ同様に、南に渡っていく代表的な猛禽のハチクマ。

伊良湖ではサシバに比べると見られる数は少ないですが、大きくて迫力があります。個体差もあって、見ていても飽きることがありません。6_215

| | コメント (6)

2011年10月 5日 (水)

サシバ

11_213 先日の週末、恒例となっている伊良湖へ行って来ました。

天気がどうか心配でしたが、2日間とも雨も降らず晴れ男の面目を果たせました。

写真は雲が多かったため青空背景とはいかず残念でしたが、そこそこサシバも飛んでくれて楽しめました。10_212_3

| | コメント (4)

2011年10月 3日 (月)

カワセミ

90_200 湧水地のカワセミはあまりサービスが良くありませんでしたが、一度だけ良い所に止まってくれました。

抜けの良い所に止まってくれると、カワセミがより引き立ちます。

飛翔シーンを撮りたかったのですが、次回にお預けです。92_201 同じ日、別の場所で撮った若。

| | コメント (4)

2011年10月 1日 (土)

アマサギ

3_207 田んぼも一番寂しい時期でしょうか。野鳥を探しても、あまり沢山の種類を見つけることが出来ません。

農家の方々は、天気が良いと稲刈りに精を出しています。

そんな田んぼの何箇所かに、沢山のアマサギが集まっていました。その数300羽は下らなかったと思われます。

渡去する前に集まってきたのでしょうか?次の日には、十分の一くらいに減ってしまっていました。4_208

| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »