« ケリ | トップページ | シロエリオオハム »

2011年5月31日 (火)

オオヨシキリ

1_141 葦原にいる夏鳥の代表的な野鳥は、ギョギョシ、ギョギョシと大きな声で鳴くオオヨシキリです。

真っ赤な口の中を見せながら一生懸命鳴く姿を見ていると、もしや喉から血が出ているのかな?と思わせるくらいです。2_142

|

« ケリ | トップページ | シロエリオオハム »

コメント

マータンさん こんにちは。
スッキリしない陽気で、懸命になくオオヨシキリの声も湿りがちですね。オオヨシキリには、晴天が似合いますね。
金、土の天気は晴れ間も期待できそうですね。
元気に囀るオオヨシキリを撮りたいものです。

投稿: KENじい | 2011年6月 1日 (水) 14時12分

KENじいさん、こんばんは。
スッキリしない日が続きますね。天気が悪くても良く囀っていたオオヨシキリですが、仰るとおり晴天の時に撮りたいですね。
週末の休日に天気になることを願う毎日です。

投稿: マータン | 2011年6月 1日 (水) 21時26分

マータンさん、こんばんは。
ギョギョシ ギョギョシという声が聞こえてきそうです。
オオヨシキリの一生懸命の思いが伝わってきますね。
バックもいい感じです。

投稿: MR.M | 2011年6月 1日 (水) 23時29分

MR.Mさん、おはようございます。
葦原が激減してしまった場所ですが、残り少なくなった所にオオヨシキリが密集しています。
年々葦原の減少が続き、姿を見せなくなった野鳥もいます。これ以上の開発が進むと、オオヨシキリだけでなく他の野鳥も棲めなくなってしまいそうです。後世のためにも、是非残してもらいたいと思っています。

投稿: マータン | 2011年6月 2日 (木) 06時58分

こんばんは、マータンさん。
オオヨシキリの囀りのシーンを格好よく捉えましたね。
背景のボケ具合も良いですね。
私も囀りシーンを撮りましたがなかなかマータンさんのように上手く撮影できません。
葦原の減少も気になりますね。
写真展等で多くの方たちにこの現状を訴えて、少しでも自然環境が改善されるよう願っています。

投稿: Jazzpapa | 2011年6月 2日 (木) 19時53分

Jazzpapaさん、こんばんは。
この場所には、何個体ものオオヨシキリがいました。
葦原が少なくなり、狭いテリトリーの中で子育てをしなければならないようです。これ以上開発が進まないよう願うばかりです。

投稿: マータン | 2011年6月 2日 (木) 21時02分

こんばんは。ご無沙汰しております。
オオヨシキリと言えば、この大きな口での囀りですね^^
背景の色もぼかし方も素晴らしいと思います。
マータンさんの数多い傑作の中でも上位に来る1枚なのでは^^

投稿: kotodaddy | 2011年6月 3日 (金) 20時36分

kotodaddyさん、こんにちは。こちらこそご無沙汰しております。
傑作写真と言えるものは、なかなか思うようには撮れませんね。皆様方の写真を拝見する度に、まだまだ勉強が必要だと思ってしまいます。

投稿: マータン | 2011年6月 5日 (日) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ケリ | トップページ | シロエリオオハム »