« シメ | トップページ | ハイイロチュウヒ »

2011年2月14日 (月)

コチョウゲンボウ

17_086  先週の週末は、お山にかなりの雪が降りました。

自宅から見える山々が真っ白になったのは久しぶりのことです。

チョッとだけ時間を割いて、雪があるところまで出掛けてみました。

日本一のお山がそびえ立つ裾野に行くと、銀世界が広がっていて眩しかったです。

車で道を流していると、落葉した木に何か止まっているのを見つけました。

思っていた通りコチョウゲンボウの♂でしたが、逆光だったので順光方向に車を移動し、日本一のお山をバックに撮影しました。

油断している時に飛ばれてしまい、飛び出しを撮れなかったのが残念です。

|

« シメ | トップページ | ハイイロチュウヒ »

コメント

こんばんは マータンさん
コチョウゲンボウ、実に凛としていますね。
親父の野鳥を見る・撮る際の主題として、凛という感じを大事にしたいと思っていますが、このコチョウゲンボウ本当に凛としていますね。
凛としているだけあって、ものすごくかっこいいです。

投稿: ギブソン親父 | 2011年2月14日 (月) 20時58分

マータンさん こんばんは。
スッキリしたお山をバックに、落葉した枝にとまるコチョウゲンボウ、存在感がありますね。
ちょっと油断していると、良い場面を逃してしまいますね。

投稿: KENじい | 2011年2月14日 (月) 21時14分

マータンさん、こんばんは。
日本一のお山がバックとは羨ましいですね。
コチョウゲンにも存在感がありますね。
小さな猛禽の代表のようで大好きな鳥です。
こんな写真が撮れる腕と環境がほんとに羨ましいです。

投稿: MR.M | 2011年2月14日 (月) 22時28分

こんばんは、マータンさん。
日本一のお山をバックにコチョウゲンボウ♂の枝止まりを捉えましたね。
良い感じです。
飛び出しを撮影するのは根気が必要ですね。
気を抜かずじっと待っていて、ほんの一瞬目を離したすきに飛び立ってしまう事がよくあります。
鳥の気持ちが分れば良いのですが、難しい事ですね。

投稿: Jazzpapa | 2011年2月14日 (月) 23時31分

ギブソン親父さん、こんばんは。
私の鳥撮りのモットーは、できるだけ背景を入れることです。なかなか上手くいかないことばかりですが、特に猛禽を撮る時は空抜けが多くなってしまい、理想には程遠い写真ばかりです。

投稿: マータン | 2011年2月15日 (火) 19時39分

KENじいさん、こんばんは。
猛禽の飛び出しはいつも突然で、折角のチャンスを物にできないことばかりです。油断は禁物ですね。
仕事が段々忙しくなってきたので、暫くは週末も出掛けられる時が少なくなりますが、時間が空けばリフレッシュの意味でも鳥撮りに励みたいと思っています。

投稿: マータン | 2011年2月15日 (火) 19時47分

MR.Mさん、こんばんは。
日本一のお山の裾野に行くと何種類かの猛禽と出会うことがありますが、そうそう撮らせては貰えません。
コチョウゲンボウは警戒心が薄い個体が多いのか、止まっている所を車で横切っても逃げませんでした。
環境は確かに恵まれていますが、いつまで経っても腕は上達しないようです。

投稿: マータン | 2011年2月15日 (火) 19時52分

Jazzpapaさん、こんばんは。
鳥の気持ちが分かるようになるには、どうしたら良いんでしょう。
小まめに出掛けて会うことができれば、こちらのことを無視してきっと近くで撮らせてもらえるんでしょうけどね。

投稿: マータン | 2011年2月15日 (火) 19時58分

マータンさん こんにちは
野鳥を見つけて直ぐに撮影に入らないで
その光線の様子や状態を見てから
適したポイントで撮影する
そういう余裕が必要ですね良いフォトを撮るためには、タゲリの時には順光が輝きが出るとみて
車で移動して撮りました。
奥が深いです 野鳥撮影も何でも。

投稿: NR | 2011年2月16日 (水) 12時47分

NRさん、こんばんは。
撮影に適したポイントに移動するまでに、飛ばないでくれることを祈っていますが、いつも上手く行くとは限りません。
たまたまだと思いますが、愛想の良い子で助かりました。
どのジャンルでも同じだと思いますが、やればやるほど奥深さを痛感しています。

投稿: マータン | 2011年2月16日 (水) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シメ | トップページ | ハイイロチュウヒ »