« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月26日 (土)

カワラヒワ&スズメ

_092 田んぼの中に、まだ2番穂が残る場所があった。餌の少ない時期、野鳥達にとって貴重な食べ物であることは間違いない。

200羽位の大きなカワラヒワの群れと50羽位のスズメの群れが、そこに降りて仲良く穂を食べていた。

一羽が飛ぶと残らず飛び立ち、近くの木に止まることを繰り返していた。

やや逆光の中での飛翔はカワラヒワの羽根の黄色が目立ち、思わずシャッターを押してしまった。_091

| | コメント (8)

2011年2月24日 (木)

ハイイロチュウヒ♂

21_089 ハイチュウが狙っている獲物は、どうやらネズミの仲間が多いようです。

何度かハンティングのシーンを目撃していますが、捕った獲物をお腹の中に隠してしまうので何だったか分かりません。

たまたま捕まえて直ぐのところを見たことがありますが、ネズミのようでした。

そんなハンティングのシーンはなかなか撮れませんが、優雅な飛ぶ姿を見ていると時間の経つのを忘れてしまいます。22_090

| | コメント (2)

2011年2月21日 (月)

ハイイロチュウヒ

24_088 残雪の残る高原へ猛禽を狙って出掛けました。

スタッドレスタイヤの山が少なくなり、雪道を走るのを躊躇っていましたが杞憂でした。

道路の雪はここ数日の暖かさで融けていて、メインの道路には殆どなく安心して鳥見が出来ました。

肝心な猛禽はハイチュウを見たものの、いつもながら思うような写真はそう簡単には撮らせてもらえません。

遠い、被りと、良い条件とはいきませんが、それなりに何度か出会えたことだけが救いでした。23_087

| | コメント (4)

2011年2月14日 (月)

コチョウゲンボウ

17_086  先週の週末は、お山にかなりの雪が降りました。

自宅から見える山々が真っ白になったのは久しぶりのことです。

チョッとだけ時間を割いて、雪があるところまで出掛けてみました。

日本一のお山がそびえ立つ裾野に行くと、銀世界が広がっていて眩しかったです。

車で道を流していると、落葉した木に何か止まっているのを見つけました。

思っていた通りコチョウゲンボウの♂でしたが、逆光だったので順光方向に車を移動し、日本一のお山をバックに撮影しました。

油断している時に飛ばれてしまい、飛び出しを撮れなかったのが残念です。

| | コメント (10)

2011年2月 6日 (日)

シメ

_085 久しぶりに湧水地の様子を見に行きました。

今回はカワセミが目的ではなく、冬を過ごす色々な小鳥達を見たかったからです。

ここには沢山の種類がいる訳ではありませんが、ごく普通種を撮るのもいいかな、なんて思いながらカメラを持ち出しました。

枯葉に覆われたところで、シメが一生懸命こぼれ落ちている木の実を探して食べていました。

カケス同様目つきが悪いですが、何となく憎めない鳥さんです。

| | コメント (10)

2011年2月 4日 (金)

ハヤブサ

7_084 オオタカが出現する前に、ハヤブサが上空を旋回しているのが見えました。

近くに獲物になるような鳥も見当たらなかったのですが、突然私のいる方に向かって猛スピードで迫ってきました。

私の腕ではこちらに向かってくるハヤブサを写し止める技術はありませんが、何とかカメラが追ってくれました。

向かった方向には、ドバトの群れが地上で採餌しているところでした。ハンティングをする気はなかったのか、ドバトを蹴散らしてそのまま飛び去りました。

いつも猛禽とは突然の出会いが多く、カメラの準備をしていて良かったと思いました。

| | コメント (6)

2011年2月 2日 (水)

オオタカ

13_083 先日見たオオタカと思われる個体を、同じ場所でまたも見ることができました。

背後から飛んで来たので通り過ぎてから気がつきましたが、その先にはドバトの群れが地上で採餌していました。

そこに突っ込んで行ったのですが、狩は失敗。近くを旋回してから、大空高く飛び去ってしまいました。

ほんの数十秒の嬉しい出会いでした。下の写真は前回撮影したものです。10_081

| | コメント (7)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »