« オオタカ | トップページ | マヒワ »

2011年1月19日 (水)

ハイイロチュウヒ

17_072 今シーズンは各地でハイイロチュウヒの出が良いようですが、以前行っていたフィールドでは出会うのが難しくなってしまいました。

別の場所へ行くことにしたのですが、何度か通ってみたものの昨年までのようには行きません。

それでも観察を継続することで、ハイチュウの行動が段々と分かってきました。

そうは言っても簡単に近くを飛んでくれる訳でもなく、待ち伏せ戦法を取ることに。

何ヶ所かの候補の中からここぞという場所を選定し、凍てつく中をじっと待った甲斐があり、まずまずの成果を得ることが出来ました。18_073

|

« オオタカ | トップページ | マヒワ »

コメント

マータンさん こんばんは。
憧れのハイイロチュウヒに会えましたね。あの狩をする瞬間の素早い動きを見たらハイチュウの虜になってしまいますよね。厳しい寒さを耐えた甲斐がありましたね。1月からいろんな鳥が観られ、2011年幸先良いスタートですね。

投稿: KENじい | 2011年1月19日 (水) 21時24分

KENじいさん、こんばんは。
ハイチュウを見ると、また病気が始まってしまいます。
何故こんなに好きになってしまったのか良く分かりませんが、何故か引き付けられるものを持っている猛禽です。
暫くは、またハイチュウに嵌りそうです。

投稿: マータン | 2011年1月19日 (水) 21時57分

マータンさん、こんばんは。
寒い中じっと待つのは辛いですが、それだけに近くに来てくれると嬉しさもひとしおですね。
手もかじかんでくるので撮影も大変でしょうが、綺麗に撮られましたね。

投稿: MR.M | 2011年1月19日 (水) 22時30分

MR.Mさん、おはようございます。
またまたハイチュウに嵌ってしまいそうです。
この時は、足も手も感覚がなくなるくらい冷え込みました。防寒対策を十分して行かないと、とても待っていられません。
それだけに姿を見せてくれた時は、無我夢中です。

投稿: マータン | 2011年1月20日 (木) 07時25分

こんにちは。
凍てつく寒さの中を待つ。ここが重要ですね。
楽をして成果はあり得ないという事でしょうし、
幾つかの候補地の中から任意に選んだフィールド。
そこで得たハイイロチュウヒの飛翔。その予測も
お見事ですし、寒さで苦労しただけに喜びもひとしおでしょうね。

投稿: kotodaddy | 2011年1月20日 (木) 12時53分

kotodaddyさん、こんばんは。
頭の中で描いたような写真を撮るのは、本当に難しいですね。だからまた出掛けるんでしょうけれど。
日陰になる前に来てくれれば低ISOで撮れるのですが、日陰になってしまい少しノイズが気になっています。
再挑戦の予定ですが、カメラも考えないといけないのかな~。

投稿: マータン | 2011年1月20日 (木) 17時49分

こんばんは マータンさん
こんな病気だったらかかりたいと思うのは親父だけでしょうか?
寒い中、ただ1点を見つめて、恋人を待つ、そんな病気にかかってみたい、親父です。

投稿: ギブソン親父 | 2011年1月20日 (木) 21時33分

ギブソン親父さん、こんばんは。
病気になると、他の鳥にも目が行かなくなってしまいますよ。
夢中になるのは悪いことだとは思いませんが、家族からは諦められてしまいます。そうならない程度が良いのですが、既に遅かりしかな?

投稿: マータン | 2011年1月20日 (木) 21時54分

マータンさん、こんばんは。ハイイロには誰もが引きつけられるなにかを持ってますね。特に厳寒の高原で出会ったときには何週間も頭の中をフラフラと飛んでいます。

投稿: koruri729 | 2011年1月20日 (木) 22時47分

こんばんは、マータンさん。
ハイチュウを撮影するのは非常に難しい事ですね。
見つけたとしても距離が遠かったり、せっかく近くで出会ってもカメラを向けたときは後姿だったりで。
撮影の難しい鳥の一つですね。
だからイメージ通りの撮影ができなくて、ハイチュウ詣でになってしまうんでしょうね。
素晴らしい写真を期待してます。

投稿: Jazzpapa | 2011年1月21日 (金) 20時17分

koruri729さん、おはようございます。
今シーズン初めはなかなか出会うことが出来なかったのですが、やっと撮影が出来ました。それでも満足いくものは殆どなく、寒さだけが堪えるだけになってしまっています。
頭の中だけでなく、面前をフラフラ飛んで欲しいと願っています。

投稿: マータン | 2011年1月23日 (日) 05時58分

Jazzpapaさん、おはようございます。
この鳥を相手にしていると、一日が短く感じます。待っている時間が長く、見ている時間はほんの僅か。撮影が難しい訳ですよね。
APS機の、高ISOが使えるカメラが欲しくなってしまいました。

投稿: マータン | 2011年1月23日 (日) 06時03分

マータンさん
お早うございます。
とても希少で貴重なハイイロチュウヒの勇壮な
飛翔のシーン
風を切り裂く滑空音が聞こえてきそうな
迫力と解像のフォト見せていただきました。

肉眼でみたらそれは魅了されることであると感じます。
マイブログにメッセージを頂きまして
感謝申し上げます。

投稿: NR | 2011年1月23日 (日) 09時38分

NRさん、こんばんは。
年の初めに素敵なフォトが入選されて、ハッピーな一年になる予感がしますね。普段の努力の賜物でしょう。
私は相変わらずの野鳥三昧で、野鳥以外の撮影を忘れてしまったかのようになってしまっています。
偶にはアートと呼べる写真を撮ってみたいです。

投稿: マータン | 2011年1月24日 (月) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオタカ | トップページ | マヒワ »