« ヒシクイ | トップページ | オシドリ »

2010年12月 2日 (木)

ミサゴ

31_042 山の一部は綺麗に紅葉していましたが、ミサゴが飛んでくれたところは少しだけ黄色く染まっていました。

一度飛び込んで失敗した後、今度はホバリングをして狙いを定めていましたが、またまた失敗で何も獲らずに飛び去ってしまいました。

ホバリングをしている時、水飛沫が逆光に輝いて綺麗でした。

|

« ヒシクイ | トップページ | オシドリ »

コメント

マータンさん、こんばんは。
綺麗ですねー。
逆光に輝く飛沫が効いていますね。
ミサゴの形もいいです。
こんな写真撮りたいです。

投稿: MR.M | 2010年12月 2日 (木) 22時33分

マータンさん こんばんは

光の具合が厳しいように見えましたが
そのような状況でもよく撮れている腕の良さが
見えました。

ミサゴの生態のみえるナイスなフォトですね!
ミサゴを撮りたくなります。

投稿: | 2010年12月 2日 (木) 22時46分

MR.Mさん、おはようございます。
逆光の撮影は苦手であまりカメラを向けることはありませんが、お山をバックに水飛沫が輝いていたので、挑戦してみました。
思い描いたように上手くいったのが幸いで、カメラのお陰です。

投稿: マータン | 2010年12月 3日 (金) 06時53分

Jazzpapaさんだと思いますが、おはようございます。
こんなシーンがあると、また出掛けたくなりますね。
観察していてもあまりホバリングはしませんが、風が関係あるんでしょう。ちょうど良い風が吹いていたと記憶しています。

投稿: マータン | 2010年12月 3日 (金) 06時57分

マータンさん おはよございます。
逆光気味のところは、撮影がむずかしいですね。
しかし、水滴があるシーンなどは水飛沫がキラキラ輝いて写真以上に綺麗だったでしょうね。

投稿: KENじい | 2010年12月 3日 (金) 08時07分

KENじいさん、こんばんは。
水滴の輝きは、勿論写真以上に綺麗でしたよ。
そちらでもミサゴは出ていますか?
冬の猛禽は、ミサゴで始まりミサゴで終わる年が続いています。
鷹の渡りの時期にはノスリに次いで人気がないのに、この時期になると狙いたくなる猛禽です。

投稿: マータン | 2010年12月 3日 (金) 20時06分

こんばんは、マータンさん。
私のコメントはこちらです。(2つ目は私のコメントではありません)
ダイブの後の水飛沫がダイヤモンドダストのようですね。
実際目に見えていた飛沫は、もっと輝いていたのでしょう。
こんなシーンに会えると、空振りした時のことを忘れてしまいます。
マータンさんは鳥運が良いので空振りは少ないでしょうが、ミサゴ三昧な日が続きそうですね。

投稿: Jazzpapa | 2010年12月 4日 (土) 20時31分

Jazzpapaさん、こんばんは。
失礼しました、2番目のコメントはどなただったでしょう?
ミサゴのダイブは何度見ても迫力がありますね。
ハイチュウなどに比べれば、ミサゴは空振りが少ないようです。

投稿: マータン | 2010年12月 4日 (土) 20時52分

マータンさん
こんばんは

今日ミサゴに出会えましたので
嬉しかったですよ
こちらで見せていただいて猛禽類に会いたくなって
再び出会えることは楽しみの一つになりました。
いつも素敵な野鳥フォトありがとう。

投稿: NR | 2010年12月 5日 (日) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒシクイ | トップページ | オシドリ »