« カワセミ | トップページ | ルリビタキ »

2010年11月 6日 (土)

ミサゴ

24_031 このところ朝晩が冷え込んできて、晩秋のような陽気になってきました。

半年振りにミサゴが来ているか見に行ってみると、飛んでいました。

お隣の県では、ミサゴを狙って大勢のカメラマンが大砲を構えている所があるようですが、それだけ魅力がある猛禽なんでしょうね。

魚を獲る時の豪快なダイビングが、見るものを魅了するのかも知れません。

これから半年間、天気の良い休日はミサゴ詣でになりそうです。

|

« カワセミ | トップページ | ルリビタキ »

コメント

マータンさん こんばんは。
ミサゴのシーズンが始まりましたね。こちらでも姿が観られます。外の猛禽に比べて私のライフルでも比較的撮れるので私も狙います。、ミサゴの魅力は何といってもダイビングでしょうね。今年こそは作品と呼べるものを撮りたいと思っていますが・・・。

投稿: KENじい | 2010年11月 6日 (土) 20時45分

KENじいさん、おはようございます。
冬に見かける猛禽の中で、ノスリについてミサゴが多いように感じます。渡りの時には見向きもしなかったミサゴでしたが、近くで見れたら撮るしかないですね。
私はいつも一富士二鷹を狙っていますが、肝心なミサゴが思うようなところを飛んでくれません。

投稿: マータン | 2010年11月 7日 (日) 05時01分

マータンさん こんにちは。
すごいですね、ミサゴが頻繁に現れるポイント。そしてまた迫力のある、この写真「THE 猛禽ですね」
親父もマータンさんの「一富士 二鷹」を見てみたいです。

投稿: ギブソン親父 | 2010年11月 7日 (日) 13時18分

マータンさん、こんばんは。
ミサゴのダイビングは体が大きい分迫力がありますね。
あの体でよくピンポイントでダイビングできるものです。
一富士二鷹期待してますよ。

投稿: MR.M | 2010年11月 7日 (日) 20時20分

ギブソン親父さん、こんばんは。
私が行く所では、冬になるとミサゴが良く来るようになります。
日本一のお山をバックに飛んでいるところを撮りたくて通っていますが、そう簡単には思うようなコースを飛んでくれません。
気長に飛ぶ時を待つしかなさそうです。

投稿: マータン | 2010年11月 7日 (日) 21時23分

MR.Mさん、こんばんは。
NHKの番組で見ましたが、ミサゴの眼力は人間の8倍とかだそうです。高い所からでも、水の中を泳いでいる魚が丸見えなんですね。私もこんな眼が欲しいです。
一富士ニ鷹はハードルが高いです。

投稿: マータン | 2010年11月 7日 (日) 21時27分

こんばんは、マータンさん。
ミサゴの格好の良い飛翔写真ですね。
いよいよ猛禽の季節到来で鳥見が忙しくなりますね。
一富士二鷹を楽しみにしています。

投稿: Jazzpapa | 2010年11月 8日 (月) 00時57分

Jazzpapaさん、こんばんは。
やっとミサゴを撮れる時期になってきました。
猛禽類の撮影に力が入る時期ですが、今シーズンはどんな出会いがあるか楽しみです。
ただ昨シーズンと違い休日の用事が多いので、どれだけ時間を割けるか分かりません。まめに出掛けられない分、一回一回の鳥見を大切なものにしたいと思っています。

投稿: マータン | 2010年11月 8日 (月) 17時27分

マータンさん こんばんは
ミサゴの捕食シーンの素晴らしいフォト
魚から落ちる飛沫も見ることが出来て
垂涎ものです。

毎日のハンティングなのでしょうが
ミサゴも悠然と
いい顔してますね。

投稿: NR | 2010年11月15日 (月) 22時01分

NRさん、こんばんは。
折角コメントしてくれていたのに、気が付かなくて済みません。
ミサゴは寒くなってくると北から移動してくる個体があって、大きな河川などでは良く見ることが出来ますね。
ハンティングのシーンはなかなか撮れませんが、魚を摑んだところだけは運良く見ることが出来ました。
顔つきは猛禽らしく見えますか?

投稿: マータン | 2010年11月25日 (木) 18時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ | トップページ | ルリビタキ »