« ハイイロチュウヒ | トップページ | センダイムシクイ »

2010年5月 6日 (木)

コルリ

1_01 山道を歩いていると、聞き覚えのある声がした。

ジッと耳を傾けていると、コルリの囀り。

両側を笹で覆われた山道で、暫く出てきてくれるのを座って待つことにした。

思った通り、ある程度の距離を置いて笹の中から姿を現したのは綺麗なコルリだった。

背景が抜けるような場所には止まってくれなかったが、見られただけでも待った甲斐があった。

|

« ハイイロチュウヒ | トップページ | センダイムシクイ »

コメント

素晴らしいシーンですね!
コルリ、コマドリ、今年は両方とも会えそうに有りません。

投稿: kokoton | 2010年5月 6日 (木) 20時12分

kokotonさん、こんばんは。
笹の中から出てきてくれることを期待して待ちましたが、とても褒められるような代物ではありません。
コルリやコマドリは、まだ十分時間があると思いますので、お山に行って会ってきて下さい。

投稿: マータン | 2010年5月 6日 (木) 20時21分

コルリ可愛いですね。一所懸命に生きているのでしょうかね?愛くるしい姿で世の鳥屋を悩ませるにくい奴ですね。

投稿: ギブソン親父 | 2010年5月 6日 (木) 21時03分

ギブソン親父さん、こんばんは。
私にとってコルリの撮影は難しすぎます。
声を聞くだけなら案外簡単ですが、見るとなるとそう滅多に姿を拝めないつれない奴なんです。

投稿: マータン | 2010年5月 6日 (木) 21時10分

マータンさん こんばんは

コルリ、珍しいです
山では樹木の葉っぱが茂ってきて
確認が難しい状況
マータンさんの鳥見の哲学まで
披露してもらって観察の仕方がわかりました
でもその技が直ぐに使えるとは行きませんが。

投稿: NR | 2010年5月 6日 (木) 23時29分

NRさん、おはようございます。
野鳥を見るためには、ひたすら待つのも一つの方法でしょう。
囀りはある程度の見通しが利く木の枝などですが、笹が多いところでは近付くことが出来ません。
コルリは決して珍しくはありませんが、生息場所からして撮影し難いのは仕方ありませんね。

投稿: マータン | 2010年5月 7日 (金) 07時03分

マータンさん こんにちは。
コルリ、白とブルーの色が綺麗ですね。笹やぶなどの低い所にいるらしく、私は、未だハッキリ観た事はありません。大体いそうなところは解りましたので今シーズン何とか会えればと思っています。

投稿: KENじい | 2010年5月 7日 (金) 10時30分

コルリの囀り、あの小さな身体からは想像できない程に大きく、そして美しいですよね。森に響き渡る美声に思わずシャッターを切るのを忘れる程だったのを思い出します。そろそろ夏鳥撮影に出掛けようと思っています。コルリにも出会えるといいんですけど^^

投稿: kotodaddy | 2010年5月 7日 (金) 17時42分

KENじいさん、こんばんは。
コルリはオオルリと違い、あまり目立つところには出てきてくれないので見難い鳥ですね。
鳴き声はレパートリーが多く、コマドリに似た声でも鳴くこともあるので間違える方もいます。前奏にチッチッチッと入るので、気をつけて聞いてみて下さい。
静かにしていれば、きっと藪から出てきてくれることでしょう。

投稿: マータン | 2010年5月 7日 (金) 17時55分

kotodaddyさん、こんばんは。
大分夏鳥は揃ってきているようですので、これから暫くの間、お山に行けば色々な野鳥を見聞きすることが出来ると思います。
休日にはコルリの素晴らしい歌声を聞きながら、素敵な姿を見に出掛けてきて下さい。

投稿: マータン | 2010年5月 7日 (金) 18時03分

こんばんは、マータンさん。
早くもコルリを撮影されましたね。
私はまだ声すら聴いていません。
コルリは動きが早く、明るい所にはなかなか出て来てくれませんので、自分は証拠写真ばかりです。
↓のハイチュウは、ここ数日の暑さにバテテしまわないのでしょうかね?

私はこの暑さでばて気味です。

投稿: Jazzpapa | 2010年5月 7日 (金) 20時52分

Jazzpapaさん、おはようございます。
証拠写真程度ですが、今シーズン初めてなのでアップしました。
いつもながらコルリの撮影には手を焼きます。
ハイチュウはいつまで居るんでしょうかね。本当に帰るのか心配になってきますね。

投稿: マータン | 2010年5月 9日 (日) 05時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハイイロチュウヒ | トップページ | センダイムシクイ »