« カワセミ | トップページ | ミサゴ »

2009年11月30日 (月)

ミサゴ

37_01 ミサゴは昨年来、私にとって非常に身近な存在になりました。

但し、秋から春にかけての半年限定ですが、十二分に楽しませてもらっています。

何度も撮影していると段々と欲が出てきて、次はこんな写真を撮りたいな、なんて贅沢な注文になってくるのが怖いです。

まだ本当に満足いく写真はありませんが、頭の中で描いている理想のシーンをいつになったら撮れるのか、はたまた撮れないで終わるのか私にも分かりません。

|

« カワセミ | トップページ | ミサゴ »

コメント

マータンさん こんばんは。
ミサゴ、何故か引きつけられますね。魅力は何でしょうね・・・。猛禽類だけど、白っぽくて上品な体色、スマートな体形、比較的見られる、魚しか食べない食性など(個人的思いです)でしょうか。
私もイメージはあるのですが、出会いのチャンスが少ないのでかなり難しいです・・・

投稿: KENじい | 2009年11月30日 (月) 20時49分

KENじいさん、こんばんは。
昨年来、ミサゴに縁があってよく撮影しています。
十年前位にも、一時ミサゴに嵌まった時期がありました。
獲物を撮るシーンが見られることが一番の楽しみだったような記憶がありますが、今ではF山を背景にしたものを狙っています。
何時になったら撮れるのかも分かりませんが、地道に出掛ければそのうち何とかなるでしょう。

投稿: マータン | 2009年11月30日 (月) 22時31分

こんばんは、マータンさん。
ミサゴのハンティングのシーンをきっちり捉えましたね。
私も何時になったらこのような写真を撮れるのかな・・・
撮影技術を磨かなければいけません。
そして鳥運もなければいけませんね。

投稿: Jazzpapa | 2009年12月 1日 (火) 00時30分

Jazzpapaさん、おはようございます。
出会う機会が多ければ、それだけチャンスがあるのは言うまでもありません。腕や機材は二の次と思っています。
今シーズンも、ミサゴ三昧となればいいな~と期待しています。

投稿: マータン | 2009年12月 1日 (火) 07時13分

マータンさん、こんにちは!

ミサゴが鮎を掴んでる迫力あるシーンですね!
この時期はミサゴのダイビングも見れて観察と撮影が楽しいです。
私事ですが、来月の中旬には引越しする事になりました。いろんな事情で実家には帰らず、沼津で家族と暮らす事になりました。また時間を空けて観察と撮影でこの場所に訪れたいです。

投稿: おつるたろう | 2009年12月 1日 (火) 12時54分

おつるたろうさん、こんばんは。
これからのシーズン、ミサゴに会う機会が増えて嬉しいです。
ダイビングするシーンはなかなか撮ることは出来ませんが、ミサゴと出会えるだけでも満足してます。
沼津に引っ越されるんですね。家族と一緒に暮らすことが出来れば何よりです。湧水地には遠くなってしまいますが、時々は遊びに来て下さいね。

投稿: マータン | 2009年12月 1日 (火) 19時58分

マータンさん、こんばんは。
猛禽のハンティングはやはり迫力がありますね。
しかも、ちょっと顔をこちらに向けた、いい瞬間を捉えていますね。
いつかF山をバックにこんな写真が撮れるといいですね。

投稿: MR.M | 2009年12月 1日 (火) 23時22分

MR.Mさん、おはようございます。
通りがかりの方と話をしていて飛び込む瞬間を逃しはしましたが、その後旋回してくれたので何度かシャッターを切れました。
写真は頭で描いたようにそう簡単には撮れませんね。いつかは想うような写真を、と意気込んでいます。

投稿: マータン | 2009年12月 2日 (水) 06時53分

マータンさん、おはようございます。
いや~凄い…素晴らしい出会いがありましたね
流石、マータンさん、ミサゴの躍動感を素敵に
切り取られ見事です。

投稿: 闘将・N | 2009年12月 2日 (水) 09時31分

闘将・Nさん、こんばんは。
ハイチュウ雄にしろミサゴにしろ、白っぽい色の鷹は魅力あって憧れてしまいます。
この時期鮎の遡上が見られるので、それを狙ってミサゴが来てくれます。そろそろ鮎の産卵も終わるでしょうが、もう暫くは遊んでくれると思います。

投稿: マータン | 2009年12月 2日 (水) 19時33分

マータンさん・おはようございます♪

ミサゴの迫力あるシーン流石です
贅沢は言わないで私にとったら最高です

でもねコツコツと楽しみたいですね

投稿: syou | 2009年12月 3日 (木) 08時35分

マータンさん こんにちは
ミサゴがかなり大き目の魚をゲットしてますね
飛び散った水滴まで描写されており
解像度の素晴らしさに目を見張ります。
何処に着水するか解かっていたら
あの捕食のシーンも撮ることが出来るのでしょうか
あのシーンを見てみたいと思っております。

投稿: NR | 2009年12月 3日 (木) 12時29分

syouさん、こんばんは。
思ったようには撮れないのが写真ですね。
未だに、これはと言うミサゴは撮れてません。
満足する写真を撮るには、何度でも通わなければ無理なのかも知れませんね。

投稿: マータン | 2009年12月 3日 (木) 21時03分

NRさん、こんばんは。
ミサゴが摑んでいる魚は鮎です。さほど大きくないので、このサイズでは一日何匹か獲らないとお腹が減ってしまうと思います。
ダイビングの瞬間はかなりのスピードですから、ファインダーに入れるのが難しいですね。

投稿: マータン | 2009年12月 3日 (木) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ | トップページ | ミサゴ »