« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

ミサゴ

37_01 ミサゴは昨年来、私にとって非常に身近な存在になりました。

但し、秋から春にかけての半年限定ですが、十二分に楽しませてもらっています。

何度も撮影していると段々と欲が出てきて、次はこんな写真を撮りたいな、なんて贅沢な注文になってくるのが怖いです。

まだ本当に満足いく写真はありませんが、頭の中で描いている理想のシーンをいつになったら撮れるのか、はたまた撮れないで終わるのか私にも分かりません。

| | コメント (14)

2009年11月29日 (日)

カワセミ

77_01 何の変哲もないカワセミですが、いつものフィールド以外で撮影したのは久しぶりです。

偶には違ったカワセミを撮るのも良いかも?でも、いつものカワセミと何処が違うかも分かりませんね。

日陰の中ではSSも上がらず飛び物は最初から諦めていましたが、石の上に止まった写真は久しく撮ってなかったような・・・。

|

2009年11月28日 (土)

カワガラス

_01_3 早朝河原は大分気温が低く、少し川霧がかかっていました。

お目当ての鳥は一度だけ出て来てくれましたが、到底満足の行く写真にはなりませんでした。

お目当ての鳥を待っている間、カワガラスが何度か姿を見せてくれましたが、暗い上に遠くて証拠写真程度。

でも久しぶりに出会ったので、ついシャッターを押してしまいました。

|

2009年11月27日 (金)

ジョウビタキ

6_01  毎年家の周りでジョウビタキの姿を見るのは雌ばかりです。

近所の手前カメラを出すこともはばかるので、姿を見ては満足しています。

姿はあちこちで見ていても、今シーズン写真に撮るのは初めてで、湧水地で雄を撮ることができました。

あまり良い所には出てきてくれませんでしたが、撮れたことで良しとします。

|

2009年11月26日 (木)

ダイサギ

_01 湧水地では鮎の遡上が多くなり、大型のサギが目立つようになりました。

サギの仲間はあまり好きではないのですが、このダイサギは直ぐ近くまで来ては鮎を捕まえ飲み込んでいました。

私が見ている限りでは、半日で7匹もの鮎をお腹に入れてしまい驚きました。なんて大食漢なんでしょう。

出来ることなら私も鮎を捕まえて、塩焼きにして食べたかった。

|

2009年11月24日 (火)

コチョウゲンボウ

5_01 今シーズン初めて見たコチョウゲンボウは雄でした。

諦めて帰ろうとした時、遠くの電線に止まっている鳥を見つけ近付いてみると、探していたコチョウゲンボウだったのです。

チョウゲンボウと違って、車で近付いても逃げません。チョウゲンボウなら間違いなく飛ばれてしまう距離でも、平気な顔をしてこちらを見ていました。

電線が好きで2度ほど狩にチャレンジしましたが失敗に終り、戻ってきたところがまた電線。

ハンティングに成功しない限り、地上には降りそうにありませんでした。

その後遠くに飛んでいってしまい、見失ってしまいました。越冬してくれることを期待したいところです。

| | コメント (16)

2009年11月15日 (日)

モズ

_01 カワセミのいるフィールドには、モズもいます。時々他の鳥を追いかけたりして威嚇していますが、小さな猛禽と言われるだけあって、モズが現れると小鳥達は逃げ回っています。

カワセミも時々威嚇されたりしますが、スピードではモズの比ではありません。

何の時も不意打ちにあえば捕まってしまうこともあるでしょうから、周りにいる小鳥達にしてみれば怖~い存在です。

| | コメント (14)

2009年11月13日 (金)

カワセミ

75_01 カワセミのの止まった木は何と言う名前か分かりませんが、これから紅葉してくれたら嬉しいのに。

| | コメント (12)

2009年11月11日 (水)

カワセミ

70_01 入水直前のカワセミです。

カワセミと水面に映るその姿が、嘴の一点でつながっているのがお分かりでしょうか。

こんな写真、撮ろうと思っても撮れる訳ないですよね。

|

2009年11月10日 (火)

カワセミ

74_01 最近、カワセミのホバリングに何回か挑戦しています。

カワセミの体が小さいこともあってAFが合焦しないことがよくありますが、眼の悪い私にはMFで撮ってもピンボケな写真の量産です。

AFが抜けてしまう中、MFで撮った逆光でのホバリングにピントが来てくれました。

自分のイメージした写真とはかなり違ってしまいましたが、偶にはこんな写真もありかなって・・・。

| | コメント (20)

2009年11月 8日 (日)

ミサゴ

34_01 急降下するミサゴの翼を背面から見るととても格好良く、何度でも撮りたくなってしまいます。

背景があるようなところなら、もっと引き立つんでしょうが・・・。

|

2009年11月 7日 (土)

ミサゴ

35_01_3 寒さが厳しくなると、楽しみにしていたミサゴの時期がやってきます。

まだこれからが本番ですが、少しの間楽しんできました。

この場所でミサゴを撮る時は全て手持ちでの撮影ですが、機材の力を借りると撮れてしまいます。

でも運動不足がたたってか、最近ではカメラを持っている腕の衰えを感じるようになり、体力のなさを痛感しています。

いつまで出来るか分かりませんが、腕がカメラを支えられる限り挑戦したいと思っています。

| | コメント (16)

2009年11月 6日 (金)

ノスリ

5_01_2 田んぼでよく見る猛禽といえば、このノスリとチョウゲンボウ。

寒くなり始めると、ノスリの姿が良く目に付くようになります。

電柱に止まって獲物を狙う姿は、冬の風物詩のようにも思えます。

電柱ではなく枯れ木に止まった、頭の羽がクマタカ風のノスリがこちらを気にしていました。

| | コメント (2)

2009年11月 5日 (木)

タヒバリ

_01_3 田んぼでは、冬の小鳥達がゾクゾクと姿を見せてくれ始めています。

タヒバリも、田んぼのあちこちで姿を確認することが出来ました。

尻尾を振りながら、気ぜわしいような仕草で餌になる小さな虫を探します。

地味な鳥ですが、この鳥を見ると冬が近いな、なんて思ってしまいます。

| | コメント (4)

2009年11月 4日 (水)

ニュウナイスズメ

5_01 春に桜の花の蜜を舐めてたと思っていたら、もう越冬に来ていました。

スズメに混じって数十羽の群れが、二番穂などを目当てに電線に止まって待機しているのを見つけました。

一羽が降り始めると続けて次から次ぎへと降りてきますが、落ち着きがありません。

猛禽でもない鳥が飛んだだけで、直ぐに電線に戻ってしまいます。

下に降りてくるのを待って、今シーズン初めての撮影をさせてもらいました。

| | コメント (6)

2009年11月 3日 (火)

タゲリ

_01 久しぶりに田んぼを回って見ました。居ました、冬鳥のタゲリが群れで行動していました。

集団で居るところを撮るにはレンズが望遠過ぎてしまいましたが、半年振りに見るタゲリの羽は虹色に輝いてとても綺麗でした。

いつか日本一のお山をバックに飛翔を撮りたいと思っていますが、そう簡単には絵に書いたようなところを飛んでくれませんね。

| | コメント (6)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »