« サシバ | トップページ | ハチクマ »

2009年10月 6日 (火)

ハチクマ

3_01  遠征先での渡りはサシバが大多数ですが、その中にぽつぽつとハチクマが混じっています。

サシバより大きく、羽ばたきもゆったりしていているんですが、近付いて来ると意外にも早く感じます。

ハチクマの魅力は、個体差がかなりあることです。黒っぽいもの、白っぽいもの、茶色っぽいものなど、飛んでくる度に色が違っていて、何度見ても同じ鳥かと思ってしまいます。

|

« サシバ | トップページ | ハチクマ »

コメント

マータンさん、今晩は。
このハチクマ素敵な飛翔姿ですね。やっぱり
違いますね~素晴らしい鷹の渡りは、何時出
会っても魅せられてしまいますね。何時か機
会がありましたら一緒に撮影したいですね。

投稿: 闘将・N | 2009年10月 6日 (火) 22時00分

マータンさん、こんばんは。
数飛ぶサシバもいいですが、ゆったりと飛ぶハチクマもいいですね。
しかもいろいろなタイプがいて飽きないです。
でも、腕の違いか、こんな近いのをきっちりと撮っておられますね。
僕の方はピントの甘いのばかりで、かなり修正が必要です。
手持ちし続ける腕力と、写真の腕、両方の鍛錬の必要を痛感してます。

投稿: MR.M | 2009年10月 6日 (火) 23時28分

マータンさん こんにちは。
こちらでの渡りも、サシバが圧倒的に多くて、サシバ2834羽に対してハチクマは31羽(日本野鳥の会、静岡支部の渡り情報2009より)だったそうです。
鳥のことはよく知りませんが、大きい鳥ほど、はばたきは、ゆっくりなのでしょうか。鳥は近くで見るとはやいですね。ツバメなどは、”シュッ!”と言う風を切る音が聞こえます。

投稿: KENじい | 2009年10月 7日 (水) 11時08分

マータンさん こんばんは
ハチクマは蜂の巣を襲って食べる珍しい猛禽ですね
テレビでは見た事があります
あの恐ろしい蜂に刺されてもひるまないで
生きる生命力をみて驚きました
貴重なハチクマのフォト
有難うございます。

投稿: NR | 2009年10月 7日 (水) 18時32分

闘将・Nさん、こんばんは。
ハチクマは、見ているだけでも面白い鷹ですね。
どんなタイプが来るのか、遠くからハチクマと分かった時から近くに来るまで、胸がワクワクします。
最近は年齢と伴に体力が落ちてきていますので、誰かさんのように600mmの手持ち撮影はとても出来ません。
いつか鷹談義をしながら、ご一緒に撮影したいですね。

投稿: マータン | 2009年10月 7日 (水) 21時36分

MR.Mさん、こんばんは。
ハチクマのタイプは色々あって面白いですね。
ゆったりと羽ばたく姿は、サシバと違って悠々として見えます。
写真の腕は兎も角、機材は進化していますので、カメラ任せで撮っているだけです。背景が山だとAFが利かず、MFで撮ってもピンボケばかり、目も腕も衰えを実感しています。

投稿: マータン | 2009年10月 7日 (水) 21時45分

KENじいさん、こんばんは。
静岡ではかなりの数がカウントされたんですね。
データを拝見し驚きました。
遠征先でも静岡方面から来る鷹が殆どでしょうから、サシバが圧倒的に多いですね。
時々ハチクマが混じっていると、何か得した気分になります。

投稿: マータン | 2009年10月 7日 (水) 21時50分

NRさん、こんばんは。
日本一のお山の周りにも、毎年ハチクマはやって来ています。
探すのは難しいと思いますが、たまに飛んでいる姿を見ることがあります。
言われる通り蜂を好んで食べますが、頭の羽はかなり硬く、刺されることはないようです。

投稿: マータン | 2009年10月 7日 (水) 22時00分

こんばんは、マータンさん。
鷹の渡で嬉しいのが、いろんなタイプのハチクマに逢えることですね。
独特の顔付もお気に入りの鷹の一つです。

鷹の渡も終盤を迎えました。
来年も元気で帰ってきて欲しいですね。

投稿: Jazzpapa | 2009年10月 8日 (木) 00時30分

Jazzpapaさん、おはようございます。
渡りのシーズンの終り頃に台風が来ましたが、残っている鷹達は大丈夫でしょうか。
まだかなりの鷹が足止めをくっていることと思われますが、週末に最後の一団が飛びそうですね。
無事越冬地にたどり着いて欲しいと願っています。

投稿: マータン | 2009年10月 8日 (木) 07時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サシバ | トップページ | ハチクマ »