« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月27日 (水)

ありし日の姿

_01 我家のアイドルだった犬が、今朝亡くなってしまいました。

14年余一緒に暮らし、私たちをいつも癒してくれすっかり家族の一員となっていました。

先週初めに体調を崩したので毎日病院へ通い続けましたが、何を与えても食べることもできなくなってしまいました。

昨夜帰宅してみると、いつもに増して元気がなく罹り付けの病院に行こうとしましたが、たまたま休診日でした。

病院の先生は休診日に東京方面まで勉強に通っているので、帰りは0時過ぎになるとの事を聞いていましたが、それまで待つことにして家族全員で出掛けました。

予想通り0時20分過ぎに病院に帰ってきたので、犬の状態を話し診察してもらいました。

注射を打ってもらうと少し元気になったので、安心して再度その日の仕事が終わってから連れてくるつもりで帰宅しました。

家内が10日前から付きっ切りで寝ていましたが、今朝目覚めたら息をしていないことに気付き、私を起こしに来ました。

ほんの少し前に息を引き取ったようで、まだ体中温もりがありましたが寝顔のような姿に涙してしまいました。

私がブログを始める時、HNを何にしようかと考えたあげく、犬の名前の「マーティ」から普段愛称として時々呼ぶ「マータン」とした経緯があります。

それだけに今回のショックは大きいです。これからもHNを変えるつもりもありませんが、

マータンという字を見たり聞いたりする度に、ありし日の「マーティ」を思い出しそうです。

| | コメント (17)

2009年5月24日 (日)

カワセミ

46_01 昨日、久しぶりに湧水地のカワセミに会いに行ってきました。

早朝の川面には霧が立ち込めて見通しが悪く、撮影には不向きでした。

明け方の気温が高くなると、一年中水温が16℃の湧水地では川霧が発生します。

そんな中でもカワセミは活発に飛び回っていました。

水中にいる獲物を狙う目は、普段の愛らしい目とは違います。

少しの時間でしたが、その真剣な姿を垣間見ることが出来ました。

| | コメント (16)

2009年5月21日 (木)

ミサゴ

28_01 ミサゴは来たの繁殖地へ帰ってしまったんでしょうか?先週は来てくれませんでした。

先々週撮ったミサゴのダイブシーンですが、瞬膜が分かるでしょうか。飛び込みの瞬間に、目を保護するために瞬膜が覆います。

ミサゴにとっては一番大事なところですから、傷でもついたら獲物の魚も獲れなくなってしまいます。

この後しっかり魚をゲットしていきました。

| | コメント (10)

2009年5月15日 (金)

オオジシギ

2_01 オオジシギのディスプレイは迫力があります。

尾羽を広げて急降下することで、ザザザザーと草原に響く音が聞こえてきます。

それも鳴きながらの飛行なので、なお更大きな音となります。

青空の背景だったらまだ良かったんですが、白い曇り空の中での飛翔姿は絵になりませんね。

地上に降りても草原の中なので探すのは難しく、かつて止まった姿を撮ったのは電柱の上でした。

| | コメント (14)

2009年5月13日 (水)

コサメビタキ

_01 夏鳥の中でもあまり目立たない地味な色をしたコサメビタキですが、ルリビタキの雌のように可愛い目をしているのでとても好きな鳥です。

新緑の中で見ていると、こんな色をしていても何故か溶け込んでしまいます。

フライングキャッチを繰り返しながら虫を捕って食べていますが、繁殖はもう終わったかもしれません。

秋の渡りの時にもよく見かけますが、この時期が一番生き生きしていていいと思います。

| | コメント (16)

2009年5月 9日 (土)

コマドリ

連休中にどうしても会いたかった鳥がいます。

1_01 夏鳥のコマドリです。私は日本三鳴鳥の中でも一番の美声だと思っています。

馬のいななきのような声ではありますが、谷間に響き渡る素晴らしい声の持ち主です。

あまり鳴いてはくれなかったので探すのは大変でしたが、多分出てくるだろうと思ったところで待ったのが功を奏しました。

始めは諦めかけていましたが、諦めずに待った甲斐があり、何とか証拠写真を撮ることができて満足です。

| | コメント (13)

2009年5月 8日 (金)

キバシリ

_01_2 ルリビタキやミソサザイを見ていると、突然近くの木に止まった鳥がいました。

木をスルスルと素早く登っていくキバシリ発見。

あまり警戒もせず近くの木を渡り歩き、しきりに餌となる虫を探していました。

殆ど枝被りが多く写真になったのは数枚でしたが、思わぬ鳥との出会いに感謝です。

じっと待っていると、時にはいいことがあるんですね。

| | コメント (10)

2009年5月 7日 (木)

ミソサザイ

_01 ルリビタキが沢山いる林には、やはり複数のミソサザイが鳴いていました。

小さな体ながら、声だけは他の鳥に負けていません。

谷沿いに響き渡る声は思わず聞き入ってしまうほどの美声ですが、体の色は味噌そのものです。

それぞれの縄張りは決まっていたようですが、近くにいたミソサザイにはまだ伴侶がいないようでした。早く嫁さんを見つけて欲しいです。

| | コメント (10)

2009年5月 6日 (水)

ルリビタキ

2_01 昨シーズンの冬は、ルリビタキに一度しか会うことが出来ませんでした。

既にお山に移動して平地では見れませんが、標高の高い所に行って沢山のルリビタキに会うことが出来ました。

しかし青い子は殆ど見ることが出来ず、若い雄や雌しか見れなかったことが少し心残りかな。

それでも可愛い眼をしたルリビタキは、何度会っても飽きないし大好きな鳥の一種です。

| | コメント (10)

2009年5月 5日 (火)

オオジシギ

1_01_2  GW中は車の渋滞が予測されるので、近場の渋滞しても抜け道があるような場所へ出掛けました。

目指すオオジシギが飛び始めたのは午前6時過ぎ。

テリトリー争いをしているようで、飛び始めると盛んにディスプレー飛行をし始めました。

流石に近くまでは来てくれないが、サミナリシギと呼ばれる音の凄さは感動ものです。

空抜けばかりの中で、背景のある後姿の証拠写真を何とか撮ることができました。

8時過ぎには静かになってしまい、その後はワラビ獲りに熱中してしまいました。

| | コメント (10)

2009年5月 1日 (金)

アオゲラ

_01_3 たまたま一緒に撮影していた方が、遠くの木に止まっているアオゲラを見つけてくれました。

何故か地面から1m位の所に止まったまま暫く動きませんでした。

何を考えていたかは分かりませんが、撮影する側にとっては好都合だったのは言うまでもありません。

恋の季節なのか良く鳴いていました。

| | コメント (18)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »