« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月31日 (火)

ヒヨドリ

_01 何処にでもいるヒヨドリを写す時は滅多にありませんが、カワセミが来るのを待っていると桜の蜜を吸いにやって来るので、少しばかりレンズを向けてみました。

どういう訳か桜の開花は木の下のほうから咲き出すので、それに釣られてヒヨドリもカメラ目線の所に来てくれます。

カメラマンも気にせず、夢中で密を舐めているのが嘴を見れば一目瞭然です。

地味なヒヨドリですから、桜が満開になると引き立たなくなるでしょうね。

| | コメント (6)

2009年3月30日 (月)

カワセミ

32_01 雄のカワセミは、夕方になると何処からか現れる雌に魚をプレゼントするため、大きめの魚を獲ります。

自分で食べる時は小さめの魚を獲っていることが多いようですが、小さい魚を獲ってくれた方が何度も飛び込んでくれるので、ギャラリーも退屈しません。

小さい魚の方が獲りやすいんでしょうか。

魚を獲る時は、コンデジでも撮れそうなくらい近くに止まることもしばしばあります。

それでもカワセミの雄は、ギャラリーをよそに一生懸命餌獲りに夢中になってます。

| | コメント (12)

2009年3月29日 (日)

カワセミ

26_02 冬鳥が段々と少なくなり、夏鳥が渡来し始める頃は、野鳥の端境期となって撮る鳥がなくなってしまいます。

そんな時期に桜が咲く頃となり、花を絡めた写真を撮りたくなります。

先週は急に冷え込んで、膨らんできた桜の蕾もちじこまってしまったようです。開花宣言が出てからというもの、なかなか開花せずヤキモキしいていましたが、やっと咲き始めました。

枝垂桜はまだ蕾が多くこれからでしたが、花の少ない木にカワセミが止まってくれました。

| | コメント (10)

2009年3月26日 (木)

カワセミ

26_01_2 カワセミの池には、まだ3羽のカワセミがいました。

以前に追い出されたようだと書いてしまいましたが、未だにペア以外のカワセミが残っています。

ペアのテリトリーを少しでも侵害するとすかさず追い払いますが、あまり深追いをしているように見えません。

もう繁殖時期なのに、こんなことで良いのでしょうか。

一息ついた後、餌の魚を狙うお気に入りの場所でのワンショットです。

| | コメント (8)

2009年3月24日 (火)

トラツグミ

2_01 久しぶりにトラツグミを見つけました。

今シーズンはもう見れないかなと思っていましたが、ある公園で見ることが出来ました。

案外人馴れしていて、近付いても逃げずに一生懸命虫を探して食べていました。

近過ぎて下がって撮ったりもしましたが、公園にいる鳥たちは殆どがこんな感じですね。

サービスが良かったのはこの鳥だけでしたが・・・。

| | コメント (12)

2009年3月22日 (日)

コチドリ

_01 早くも夏鳥のコチドリを昨日確認しました。

証拠写真ですが、他の鳥を撮っている時ピィピィと鳴きながら飛ぶ姿を見つけました。

2羽いたので雄雌かも知れませんが、これから何処かへ移動する途中だったのかも知れません。

目の黄色いアイリングがとても可愛いコチドリは、シギチの中でも一番好きです。

しっかり子育てをして、無事夏を過ごして欲しいと願っています。

| | コメント (4)

2009年3月21日 (土)

シメ

2_01_2 今年の湧水地には、例年に比べシメが多いように思えます。

それも人馴れしたシメが多いこと。

展望台に来るシメは、餌のひまわりの種を目当てに直ぐ近くまで来ます。

2m位まで近寄っても餌台から離れず、ドアップ写真も撮り放題です。

カワセミを撮っている時、逆光気味のところに止まったシメを撮ってみましたが、もう少し背景がスッキリしているところならばね・・・。

| | コメント (10)

2009年3月20日 (金)

ミサゴ

24_01 不具合にあったHDDを修理に出して約一週間、完全に修復されて戻ってきました。

復帰祝いに、昨年秋に撮ったミサゴを貼り付けます。

この時は、約半日このミサゴが付き合ってくれて、沢山の写真を撮らせてもらいました。

曇り空が幸いし、ミサゴの白いお腹も白飛びせず、とても満足したのを覚えています。

| | コメント (14)

2009年3月18日 (水)

エナガ

2_01_3 湧水地のカワセミを撮ってから、車まで戻る間にエナガを見つけました。

いつ見ても可愛いエナガは、繁殖が近いように感じました。

もう少しすると木々の芽吹きが始まり、小鳥達も今以上に生き生きして飛び回ってくれることでしょう。

桜の時期になったら、桜にエナガもいいかも知れませんね。

| | コメント (8)

2009年3月16日 (月)

ミサゴ

20_01 早朝、ミサゴは期待した通り来てくれました。

そろそろ北の方に移動する時期なんでしょうが、いつまで来てくれるんでしょう?

空抜けの飛翔写真しか撮れませんが、何度も撮らせてくれることに感謝です。

時々魚を持って飛び去っていきますが、いったい何処で食べてるのやら。

背景が白いのは、日本一のお山があるからです。

| | コメント (12)

2009年3月15日 (日)

カワセミ

22_01 久しぶりに湧水地へ行ってきました。

カワセミが3羽現れて、ギャラリーを驚かせました。

雄同士がにらみ合いをしている時、雌が突然現れパニックに。

陽気も大分暖かくなり、そろそろ繁殖の準備が始まりそうです。

雄が魚を獲って雌に近寄ったりした場面もありましたが、雌は受け取りませんでした。

水面が光って証拠写真になってしまい残念です。

| | コメント (14)

2009年3月 8日 (日)

ヒレンジャク

2_01 昨日は午前中で何とか仕事を切り上げ、今話題のレンジャクに会いに行ってきました。

現地に到着してからは雲行きが怪しくなり、太陽が隠れてしまって寒陽気になってしまいました。普段の行いが悪いからでしょうね。

カメラを早速出してカメラマンの群がる方へ行ってみると、数羽のレンジャクがいましたが思い描いていた数に程遠く、少々ガッカリ。

天気が悪くなるにつれカメラマンもまばらになってしまいましたが、群れに出会うまでは返れないと思い夕方まで粘りました。

殆どがキレンジャクだったのには驚きましたが、中にはヒレンジャクも混じっていて何故かホットしました。

時間があればもう一度行きたいのですが、ヤドリギの実もかなり食べられていて、私がゆっくり時間が取れる頃には旅立っていそうです。

| | コメント (12)

キレンジャク

3_01 キレンジャクをこんなに多く見たのは、勿論初めてでした。

いつもならヒレンジャクが圧倒的に多く、キレンジャクはその群れの中に1羽いればもう大騒ぎなくらいです。

それなのにどうしたんでしょう。沢山のキレンジャクを見ていると、ヒレンジャクがいないかと血眼になって探す自分が滑稽に思えてきました。

キレンジャクはヒレンジャクに比べ体が少し大きいので、水飲み場では優先して飲んでいるようでした。

久しぶりに見たレンジャクは、期待通り美しく魅力ある鳥で満足しています。

| | コメント (8)

2009年3月 5日 (木)

ホオジロ

_01 梅園の中で他の鳥と仲良く採餌していたホオジロも、ご他聞にもれず愛想の良い子でした。

地上に降りている時は夢中に草の実?をついばんでいて、他の事には目もくれないって感じでした。

何かに驚くと近くの木に飛び上がりますが、それが梅の花が残っているところならば言うことないんですが・・・。

写真は、思うように撮れないところに良いところがあるんでしょうか。また出掛けるにしても梅は終わり、来年の課題でしょうね。

| | コメント (10)

2009年3月 3日 (火)

ジョウビタキ

5_01 公園の梅は既に散りかけていて、花見に出掛けてきた人達もそれ程多くはありませんでした。

梅の花は、10日前位が一番の盛りだったと思います。

鳥の出はあまりパッとしませんでしたが、同じ所にジョウビタキをはじめミヤマホオジロ・カシラダカ・ホオジロ・アオジ・シロハラなどがいて、長いこと楽しませてもらいました。

花は散ってしまい、ジョウビタキも美鳥に写すことが出来ず少し心残りでした。

| | コメント (8)

2009年3月 1日 (日)

ミヤマホオジロ

_02 今日は仕事を休んで、久しぶりに家内と一緒に昼前から出掛けて来ました。

出掛けた先は梅で有名な公園ですが、既に盛りは過ぎていて少し残念でした。

それでも今シーズンの終わりになって、やっとミヤマホオジロの雄を撮ることができました。

このミヤマホオジロは人を恐れていないようで、かなり近付いても逃げようとはせず、ゆっくり時間を掛けて撮るにはもってこいでした。

梅の花が残っているところに止まって欲しいと思い待っていましたが、そうは上手くいきません。

それでも帰ろうとした時、枝被りでないところが撮れて良かったです。

| | コメント (19)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »