« コチョウゲンボウ | トップページ | ミサゴ »

2008年12月 2日 (火)

カシラダカ

_01_2 ミヤマホオジロを探して林道を車で流していると、脇から数羽の小鳥がパッと飛び立ちました。

双眼鏡で覗くとカシラダカの群れでした。

林道脇に草の実が落ちているんでしょう、暫くすると元居た場所に降りて来ました。

何かに驚く度に近くの木の枝に止まり、様子を見て安全を確認すると再び地上で採餌することを繰り返していました。

|

« コチョウゲンボウ | トップページ | ミサゴ »

コメント

かわいいですね、カシラダカ。もちろん、まだ見た事が無いのですが、ヤマセミの様に小さいながらもトサカがあるんですね。なんだかスズメと見間違えてスルーしそうです。

投稿: kotodaddy | 2008年12月 2日 (火) 19時55分

マータンさん、今晩は。
山の中の林道での素敵な出会いでしたね。すっかり
山の木々の葉は色づいていますね。小枝に留まった
カシラダカ、良いところに留まってくれましたね。
そして素早い撮影で素敵なシーンを撮られたところは流石ですね。

投稿: 闘将・N | 2008年12月 2日 (火) 20時18分

kotodaddyさん、こんばんは。
カシラダカは、冬になると平地から少し標高の高い所までいますので、比較的見つけやすいです。
それも群れでいることが殆どなので、直ぐ分かります。
この日も何箇所かで見つけました。
車中からの撮影ですが、少し待っていれば近くで撮ることも可能です。是非見つけて下さい。

投稿: マータン | 2008年12月 2日 (火) 21時52分

闘将・Nさん、こんばんは。
標高800m位の林道には、沢山のカシラダカが来ます。
車で近付くとサッと林に逃げますが、車を止めて待っていると、また林の中から出てきてくれます。
地上での採餌が多いですが、枝止まりの方が良いですね。

投稿: マータン | 2008年12月 2日 (火) 21時56分

今晩は。
うまく言えませんが、絶妙ですね。
やっぱりセンスなんでしょうね。(^.^)

投稿: トーバン | 2008年12月 2日 (火) 22時42分

こんばんは、マータンさん。
カシラダカの枝止まりをきっちり捉えましたね。
シャッターチャンス逃さずに撮影する技術は流石です。
ミヤマホオジロが見られなかったのが残念でしたね。
次回に期待しています。

投稿: Jazzpapa | 2008年12月 2日 (火) 23時02分

マータンさん・こんにちは♪

焦れば、焦るほど、野鳥の撮影は難しく今スランプです
シャッターチャンスがどうもいまいちです。
マータンさんの所に来て又落ち込んでいます

投稿: syou | 2008年12月 3日 (水) 14時57分

マータンさん、こんばんは。

カシラダカって一見スズメと間違えそうですが、
写真を拝見すると頭のトサカ?とか特徴のある
鳥ですね! また一つ勉強になりました。先月
の3連休に久しぶりに湧水地でお会いしたカメラ
マンの方は野鳥の本とカメラを持ち、熱心に勉強
してる姿を見て、自分も見習いたいと思いました。

投稿: おつるたろう | 2008年12月 3日 (水) 18時18分

トーバンさん、こんばんは。
いつも嬉しいコメントありがとうございます。
お山の林道ではよく出会うカシラダカですが、今の時期は茶色の世界に溶け込んでしまいます。
スッキリした所に止まった所を狙って、シャッターを切りました。

投稿: マータン | 2008年12月 3日 (水) 22時32分

Jazzpapaさん、こんばんは。
ミヤマホオジロに出会えず残念です。
カシラダカもよく見れば結構可愛いと思います。
これでチョット原色の色が入っていれば、超人気者になるでしょうね。でも、地味な所がまたいいのかな?

投稿: マータン | 2008年12月 3日 (水) 22時35分

syouさん、こんばんは。
焦ることはないと思いますよ。ジッとしていれば、野鳥は色々な表情を見せてくれる筈です。
そして驚かさないように、そっと撮らせてもらえばいいんです。腕ではありませんよ。
時間のないsyouさんですから、難しいのかな?

投稿: マータン | 2008年12月 3日 (水) 22時39分

おつるたろうさん、こんばんは。
野鳥にはよく似た鳥が多く、識別は難しいですね。
私もまだまだ勉強しなければ、分からないことが多いです。
じっくり見始めた頃は図鑑を片手に、双眼鏡で確認することの繰り返しでした。
熱心なおつるたろうさんですから、私の知識なんて直ぐ超えられると思います。

投稿: マータン | 2008年12月 3日 (水) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コチョウゲンボウ | トップページ | ミサゴ »