« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月29日 (月)

マヒワ

_01 今年は何故かベニマシコを撮れません。

声は何度も聞いているんですが、姿を見つけても枝被りばかりです。

ベニマシコを探している時に、チュイーンという声が聞こえてきました。

直ぐにマヒワと分かりましたが、沢山あるハンノキに隠れて姿を見つけるまで容易ではありませんでした。

何処に種が入っているか分からないような実ですが、十数羽が実につる下がったりして一生懸命食べていました。

周りの枝が邪魔をしてスッキリした所になかなか出てきませんでしたが、何とか雄のマヒワを撮ることができ良かったです。

| | コメント (18)

2008年12月27日 (土)

ミサゴ

_01 HDDが壊れ、秋に折角撮ったミサゴの写真がなくなってしまいましたが、今朝再度ミサゴに会うことが出来ました。

霊峰富士を背景に、魚を捕まえて悠然と飛んで行くミサゴは最高の被写体でした。

今朝は非常に冷えて手がかじかんでしまいそうなくらいでしたが、数分の間だけはそんなことも忘れて見入ってしまいました。

| | コメント (14)

2008年12月23日 (火)

コチョウゲンボウ

Photo コチョウゲンボウを探しに、いつもの田んぼへ行って来ました。

先日雄も雌も見たんですが、雄は電線の上、雌はカラスに追われて撮ることも出来ませんでしたので、今日はリベンジとばかり気合が入っていました。

田んぼに入って数十分、やっと雌タイプが休んでいる所を見つけ、ソロリソロリと車で近付きました。

愛想良く、かなり長い間楽しませてくれました。

その後も、多分同一個体と思われる雌タイプに2度会うことが出来ましたが、雄には振られてしまいました。

| | コメント (14)

2008年12月20日 (土)

ハイイロチュウヒ

_01 久しぶりに良いお天気の休日でした。

この所出かける機会が減ってブログもお預け状態でしたが、お山に行って小鳥には振られてしまいましたが、ハイイロチュウヒに一年ぶりに会うことが出来ました。

空抜けで少し遠かったんですが、今シーズンお初ですのでご勘弁を。

雄も期待したんですが、残念ながら来ていないようです。

今日は殆どの写真がボツになってしまったので、次回に期待したいと思います。

| | コメント (10)

2008年12月14日 (日)

コチョウゲンボウ

2_01 久しぶりに行った田んぼでは、チョウゲンボウやノスリを多く見ました。

その中でコチョウゲンボウを探し回りましたが、なかなか見つかりません。

遠くの方で小鳥を追いかける小型の鳥が見え近づいてみると、電線に止まったコチョウゲンボウの雄でした。

やっと見つけたのに電線の空抜けでは絵にもなりませんが、出会ったことに感謝です。

その後稲ワラに止まった雌タイプも見つけましたが、カラスに追われ撮ることができず残念な結果となりました。

| | コメント (15)

2008年12月11日 (木)

カワセミ

30_01 落ち鮎を餌にするには、カワセミにとっては少し大きいようです。

澄み切った川の中に見える鮎は、カワセミにも見えている筈なのに飛び込みません。

カワセミが撮った魚は、鮎ではなくアブラハヤでした。

餌を捕って木の枝に戻ったカワセミは、何度か魚を枝に打ち付けて飲み込んでしまいました。

鮎を食べることが出来れば、ハンティングも簡単にできるのでしょうが・・・。

| | コメント (6)

2008年12月10日 (水)

シメ

2_01 植物には疎いのでよく分かりませんが、湧水地の川の畔では何種類かの木の実があります。

これを目当てに、シメやイカルが飛んで来てくれます。

細かい枝が密集する中で、一生懸命木の実をついばむ姿は可愛らしく見えます。

強面のシメですが、何故か憎めません。

| | コメント (6)

2008年12月 9日 (火)

カワウ

_01_6 湧水地で一番の大食漢は、何といってもカワウでしょうか。

一度潜るとなかなか浮き上がってきません。

沢山の落ち鮎がいるので、暫くは餌に困ることはないでしょう。

大き目の鮎を咥えて浮き上がったと思ったら、直ぐに飲み込んでしまいました。

あまり増えすぎても困り者ですが、エメラルドグリーンの瞳が綺麗でした。

| | コメント (8)

2008年12月 8日 (月)

ジョウビタキ

_01_5 枯れ枝に止まる野鳥シリーズ最後を飾るのは、ジョウビタキです。

可愛い雌が、私がいる周りを飛び回りながら虫を捕っていました。

縄張りが決まるとあまり鳴かなくなるジョウビタキですが、時折ヒッヒと鳴いて居場所を教えてくれます。

川の反対側では、雄のジョウビタキがやはり虫を探して飛び回っていました。

| | コメント (10)

2008年12月 7日 (日)

キセキレイ

_01_4 川沿いにはセグロセキレイの他、キセキレイも良く顔を出してくれます。

枯れ木に止まって、フライングキャッチを繰り返していました。

寒くなってきて黄色のお腹も色あせてきたようですが、尻尾をフリフリ愛嬌が良かったです。

清流に良く合う鳥の一種だと思います。

| | コメント (6)

2008年12月 6日 (土)

セグロセキレイ

_01_3 カワセミが止まっていた枯れ木には、何種類かの野鳥が止まりました。

川沿いに住むセグロセキレイも来てくれました。

見通しの良い枯れ木に止まると、主食の虫も獲り易いんですかね?

ジェジェッと鳴いてポーズをとってくれましたが、綺麗に撮れたかは・・・?

| | コメント (8)

2008年12月 4日 (木)

カワセミ

31_01 湧水地のカワセミは、あまり姿を見せてくれなくなってしまいました。

落ち鮎が沢山群れていて、それを狙う沢山のサギが集まっているためかも知れません。

それでも時々はコバルトブルーの背中を見せてくれます。

中流に移動すると、枯れ木に止まっている姿を発見。

太陽も顔を出してくれていたので、久しぶりに綺麗なカワセミを撮らせてもらいました。

| | コメント (14)

2008年12月 3日 (水)

ミサゴ

11_01 湧水地は相変わらず落ち鮎が沢山群れています。

色々な野鳥達がそれを狙って集まってきますが、ミサゴもまた来てくれました。

飛び込みのシーンは木が邪魔をして撮ることが出来ませんでしたが、見通しの良い川の上を一度だけ旋回してくれました。

ミサゴからしてみれば鮎の大きさは微妙な大きさで、大きな鋭い爪を持ってしても捉まえるのは容易いことではないようです。

何度か飛び込んだのは木々の合間から見えましたが、不発に終わり下流に飛んで行ってしまいました。

| | コメント (6)

2008年12月 2日 (火)

カシラダカ

_01_2 ミヤマホオジロを探して林道を車で流していると、脇から数羽の小鳥がパッと飛び立ちました。

双眼鏡で覗くとカシラダカの群れでした。

林道脇に草の実が落ちているんでしょう、暫くすると元居た場所に降りて来ました。

何かに驚く度に近くの木の枝に止まり、様子を見て安全を確認すると再び地上で採餌することを繰り返していました。

| | コメント (12)

2008年12月 1日 (月)

コチョウゲンボウ

_01 先日目当ての鳥を見つけた近くで、電線に止まるコチョウゲンボウの雄を見つけました。

目当ての鳥には振られてしまいましたが、思わぬ出会いでした。

空抜けの電線止まりでは全く絵にはなりませんが、今シーズン初めての出会いと言うことでご勘弁を・・・。

いつ見ても凛々しいコチョウゲンですが、昨シーズンはいつも行く田んぼで越冬してくれました。

車から降りての撮影でしたが、あまり警戒心もなく何枚か撮らせてもらいました。

やはり野鳥の雄は綺麗でいいですね。(但し、タマシギを除く)

| | コメント (6)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »