« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

クマタカ

Photo_2 少し前のことですが、ある猛禽を待っていると突然山の上からクマタカが飛び出して来ました。

ほんの数十秒で姿を消してしまいましたが、インパクトは十分でした。

少し遠かったので記録写真程度しか撮れませんでしたが、猛禽大好きな私には大きなプレゼントでした。

| | コメント (2)

2008年2月28日 (木)

ジョウビタキ

Photo 積雪がある中でアオジやミヤマホオジロ出会った日、雄のジョウビタキにも会うことが出来ました。

雄を撮ったのは久しぶりの事で、振られっぱなしが嘘のように近くまで来てくれました。

雪のない所で一生懸命餌を探していましたが、もう少し平地に移動すれば楽に餌獲りも出来るのにな~って思ってしまいました。

| | コメント (2)

2008年2月27日 (水)

カワセミ

1_2 東洋一の遊水地で出会ったカワセミは、雄と雌でした。

葉っぱが一枚もない冬枯れの木で、じっと川面を見つめている姿は見ているだけでも飽きません。

この後、残念ながら餌獲りは失敗しましたが、直ぐ近くの木に止まってくれてじっくり観察させてもらいました。

| | コメント (3)

2008年2月26日 (火)

ジョウビタキ

1 ジョウビタキの雌も、モズと同じ工事用の杭に止まってくれました。

どういう訳か、ジョウビタキもモズも撮る時はいつも雌ばかりです。

偶には雄も撮りたいんですが、巡り合わせが悪いんでしょうか?

でも、雌はつぶらな瞳が可愛いですよね。

| | コメント (4)

2008年2月25日 (月)

モズ

5 時間が制約されている中、猛禽を待っている時に、近くにあった工事用の赤白の杭にモズが止まってくれました。

どうってことない写真とは分かっていても、モズの雌の可愛らしさが気に入りました。

いつ出てくるか分からない猛禽を待っている時には、どんな鳥でも現れてくれると嬉しいものです。

| | コメント (4)

2008年2月24日 (日)

ハイイロチュウヒ♀

Photo 今シーズンはこの鳥に振り回されてしまいました。

どの位の時間を費やしてしまったか、小鳥を追いかけていればもっとマシな写真も撮れていたでしょう。

ゆっくり撮らせて貰うことができず、数秒の出会いのために待っている割にはろくな物が撮れません。

時間が制約された中で、一瞬の出会いがありました。

| | コメント (2)

2008年2月23日 (土)

ノスリ

Photo 他の猛禽を待っていた時、悠然と飛んで来たのがこの子でした。

よく行く田んぼでは、年越しの頃からノスリが増えてきます。

電柱の先端に止まっていることが多く、見つけても殆んど撮ることはありませんが、たまに杭に止まったり飛翔している所を見つけると、シャッターを押してしまいます。

あと一ヶ月もしないうちに、山や北の方へ移動していくことでしょう。

| | コメント (6)

2008年2月21日 (木)

コチョウゲンボウ

6 今シーズン見ることができたコチョウゲンボウ♂は、まだ完全に成鳥に成りきっていないようです。

それでも背中の青灰色を見ると、体がぞくぞくしてきます。

この田んぼ周辺にいるのは一羽だと思いますが、見つけるまでが一苦労です。

低空で速く飛んでくるので、何処かへ止まらない限りは直ぐ見失ってしまいます。

会えないと、また会いに行きたくなってしまう可愛い猛禽です。

| | コメント (9)

2008年2月19日 (火)

ミヤマホオジロ

1 アオジがいた場所では、小鳥が数種類見られました。

その中でも私の好きなミヤマホオジロが藪の中を動き回っているが見え、証拠写真ながら撮ることができ感謝です。

雪景色は目に良くないですね。一時間足らずでしたが目が痛くなってしまい、サングラスを忘れたことを後悔しました。

| | コメント (4)

2008年2月18日 (月)

アオジ

2 時間を見つけてはフィールドへ出掛けますが、山は雪で覆われていました。

雪のない所へちょこちょこ出てきては、地面が露出しているところで採餌をしているとこを発見。

雑木の枝に止まると、雪の反射でお腹の黄色がより際立って綺麗でしょう。

こんな場所もたまには良いかな、なんて思いながらの撮影でした。

| | コメント (6)

2008年2月17日 (日)

シジュウカラ

1_2 ヤマガラと一緒に行動していたシジュウカラは、地面に落ちている木の実を一生懸命食べていました。

寒い冬を乗り切るために、どの鳥も必死になっているようです。

食べ終わった後の一息入れた所を、撮らせてもらいました。

| | コメント (2)

2008年2月16日 (土)

チョウゲンボウ

3 曇天の寒い中、稲わらにチョウゲンボウが止まっているのを見つけました。

天候の為か、以外に警戒心もなく、かなり近付いて撮らせてもらいました。

シャッター音だけは聞こえたようで、連射をしたため暫くしてから飛んでしまいました。

また直ぐ近くに止まってくれましたが、追いかけることはせずそっとその場を立ち去りました。

チョウゲンボウさん、休憩中をお邪魔して済みませんでした。

| | コメント (4)

2008年2月15日 (金)

ヤマガラ

1 近くの山にある小さな公園には、毎年のようにルリビタキが顔を見せてくれるのですが、今年は留守でした。

カラ類が少数活発に餌探しをしていましたが、ヤマガラは興味津々にこちらに近付いてくれました。

直ぐに離れていってしまいましたが、撮った写真を後で見ると動物の毛のようなものを咥えていました。もう、繁殖に入るのかな?

| | コメント (2)

2008年2月14日 (木)

セッカ

1_2 以前は葦原が広がっていた所が、今では田んぼに変身してしまいました。

姿が見られなくなった野鳥も何種類かあります。

セッカも随分少なくなって寂しいのですが、冬には背丈の低い草の中に隠れていることが多く、夏に比べ見る機会が少ないです。

田んぼ道を車で流していると、突然飛び出した鳥がセッカでした。

残っていた葦に、少しの間止まってくれました。

| | コメント (6)

2008年2月13日 (水)

アカハラ

1 水辺の近くでカサカサと音がするので、よく見るとアカハラが枯葉をひっくり返していました。

木々の間から姿が見え隠れしていたので、そっとカメラを向けてみました。

後姿はシロハラによく似ているので、お腹を見ないと間違えそうです。

| | コメント (6)

2008年2月12日 (火)

ハイイロチュウヒ♀

7 この鳥は見ることができても撮影は難しいですね。

私には満足のいく写真を撮るのは至難の業に思えてきました。

突然出現したかと思うとあっという間に遠ざかってしまい、後姿を拝むことばかりです。

そんなハイイロチュウヒが見られるだけ幸せと思わなくては・・・。

| | コメント (4)

2008年2月11日 (月)

コチョウゲンボウ

4 手ぶれ防止のない600mmを、手持ちで振り回すことなんか考えてもみなかったのですが、やってしまいました。

ブレ覚悟でとっさにシャッターを押していたんですが、画像を見てビックリ!合焦してる?

突然飛び立ったコチョウゲンボウのスピードに負けずに、ファインダーに入れることだけ考えたことが良かったんでしょうか。

もう一度やれといわれても、できないかも知れません。

| | コメント (4)

2008年2月10日 (日)

タゲリ

2 タゲリは渡来したばかりの頃と違って分散していることが多く、見つけるのに時間が掛かります。

田んぼの畦道では散歩をする人もいて、人には大分慣れてきたようです。

車の中でじっと待っていると、タゲリの方から近付いて来てくれます。

羽の色が太陽に当たり、虹色に輝いてとても綺麗でした。

| | コメント (6)

2008年2月 9日 (土)

シメ

1_3 強面のシメは何となく憎めない鳥です。

枯葉に埋まった木の実を見つけ出し、太い嘴でバリバリ割って食べていました。

たった1羽との出会いでしたが、遠めでじっくり観察することができ満足でした。

今度会う時は、仲間を連れてきて欲しいですね。

| | コメント (6)

2008年2月 8日 (金)

チョウゲンボウ

2 昨日のハヤブサの前に出会ったチョウゲンボウです。

日によってチョウゲンボウを見る機会が多かったり少なかったりしますが、この日は比較的多く見ることができました。

また、ノスリも沢山目にしましたが、どれも電柱止まりのものばかりでつまらなかったです。

最近ハンティングに出くわすことがなく、変化のない写真ばかりになっているのが残念です。

| | コメント (6)

2008年2月 7日 (木)

ハヤブサ

3 今日は二ヶ月に一度の病院通いで、有給休暇をとりました。

午前中に終わり、午後から田んぼの猛禽探しに出ました。

目当てはコチョウゲンの雄でしたが、今日は見ることができませんでした。

その代わりハヤブサ幼鳥が二度遊んでくれ、退屈しのぎが出しました。

久しぶりのハヤブサ君、ありがとう。

| | コメント (4)

2008年2月 6日 (水)

モズ

4_3 雌のモズは以外に可愛い目をしています。

とても小さな猛禽には見えませんが、小鳥を追いかける姿を見ると、やはりと思う節があります。

胸の縞模様が独特で、綺麗だと思うのは私だけでしょうか。

| | コメント (4)

2008年2月 5日 (火)

オオタカ

4_2 よく行く田んぼの川沿いに林があり、時々オオタカが止まって休んでいる姿を見つけることがあります。

今年は成鳥を見る機会が多く楽しみの一つですが、いつも枝被りで良い写真とはいい難いのですが我慢して見て下さい。

でも、今回は近くで見ることができラッキーでした。

| | コメント (6)

2008年2月 4日 (月)

シロハラ

Photo_2 昨シーズンはシロハラをドアップで撮れましたが、今回はとても神経質でなかなか難しかったです。

枯葉を嘴で掻き分けながら餌を探していましたが、私が少しでも動くとすぐ近くの木に飛び移ってしまい、地面に降りてくるまで我慢を強いられました。

地味な鳥ですが、目を見ると橙色のアイリングが薄っすら分かります。

| | コメント (2)

2008年2月 3日 (日)

コチョウゲンボウ

Photo 数年振りに、雄のコチョウゲンボウを見ることができました。

何処からともなく田んぼの中にある細い竹竿に止まったので、双眼鏡で覗くと間違いなく雄でした。

こちらを向いたところしか撮れませんでしたが、見れただけでも嬉しかったです。

| | コメント (8)

2008年2月 2日 (土)

キセキレイ

Photo_4 セグロセキレイと並んで川辺の鳥と言えば、透き通った声で鳴くキセキレイでしょう。

最近、数が少なくなったような気がしますが、皆さんの近くではいかがでしょうか?

たまに会うキセキレイを見ると、何故かホッとします。

いつまでも綺麗なお腹の黄色が見られることを願っています。

| | コメント (6)

2008年2月 1日 (金)

セグロセキレイ

Photo_3 水辺でお尻フリフリしながら忙しそうに虫を探すセグロセキレイは、日本の固有種であることを知っていますか。

綺麗な川辺には水生昆虫なども沢山いるんでしょう、休むことなく動き回っていました。

モノトーンのシックな井手達が、返って新鮮に見えました。

| | コメント (6)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »