« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月29日 (土)

ハイイロチュウヒ♂

1 コミミズクが出ると期待して雨上がりに出掛けましたが、暗くなるまで待っても現れませんでした。

草原の周りは霧が立ち込めていましたが、どう言う訳かポイントの場所だけ霧がなかったのです。

遠くに飛ぶ物が見え双眼鏡で確認してみると、ハイイロチュウヒの雄が草原の上を低空で悠然と飛んでいました。

久しぶりの再会で、まだ居てくれたことがとても嬉しく、また通いたくなってしまいました。

| | コメント (10)

2007年12月26日 (水)

コミミズク

6 フクロウの仲間はいつ見てもいいですね。

何か私を虜にするような雰囲気を持ちあわせているのでしょうか。

以前よりフクロウグッズを集めていますが、今ではキュリオケースに一杯になってしまいました。

先日見たコミミズクの飛翔が忘れられず、もう一度アップします。

| | コメント (6)

2007年12月25日 (火)

アトリ

Photo 寒さが厳しくなるにつれ、冬鳥の種類も数も増えてきました。

11月には見ることが出来なかったマヒワやアトリを見ることが出来ました。

アトリは何箇所かいて個体数もそこそこでした。居る所には居るんですね。

まだ警戒心が強いようで少ししか撮影できませんでしたが、双眼鏡で見るには十分でした。

その内、また会いに行くつもりです。

| | コメント (4)

2007年12月24日 (月)

コミミズク

4 昨日写真展も無事終了し、久しぶりにフィールドへ出掛けてみました。

ハイチュウをもう一度見たかったのですが、全く姿を現さず残念な結果になってしまいました。

少し早い帰り仕度をし、直ぐ近くの草原で何かでないかとキョロキョロしていると、何やらフワフワ飛ぶ鳥がいたんです。

久しぶりに見たコミミズクでした。薄暗くなってきた草原の上を、気持ち良さそうに飛んでいました。

| | コメント (8)

2007年12月19日 (水)

写真展開催中

Photo 私も参加している写真展が、18日より沼津会場(沼津駅前旧ニチイ一階パレット)で開催中です。

静岡県東部のアマチュア写真家13名による力作が揃っています。

今度の日曜日まで開催していますので、是非御覧頂きたいと思います。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

| | コメント (12)

2007年12月15日 (土)

オシドリ

Photo_2 ミコアイサと同じ川に少し距離を置いてオシドリの雌もいました。

警戒心の強いオシドリですので、レンズを向けると水辺の草影に隠れようとしていましたが何とか撮ることが出来ました。

雄も見たかったのですが雌が一羽だけでした。

移動の途中だったようで直ぐに姿が見えなくなってしまい、寂しかったことを思い出しました。

| | コメント (6)

2007年12月13日 (木)

ミコアイサ

Photo 昨年の今頃、いつも通っている田んぼの南側を流れる川を覗くと、ミコアイサの雌がスイスイと泳いでいました。

普段はマガモやヒドリガモなど、何処でも見られるようなカモしかいないのに何故ここに、とビックリしてしまいました。

一羽しかいませんでしたが、他のカモ達とは少し離れて行動していました。

白い雄のパンダが見られず残念でしたが、ラッキーな日でした。

| | コメント (6)

2007年12月11日 (火)

エナガ

Photo 引っ切り無しに動き回るエナガを撮るのは一苦労ですね。

紅葉をバックに可愛い姿を見つけ、レンズを向けたらこちらを向いてくれました。

愛想のいいエナガは滅多にいませんが、この時はとても良い子でした。

| | コメント (6)

2007年12月 9日 (日)

コゲラ

1 落葉が進んだ林の中でカラの仲間に混じって、コゲラが朽木をコツコツ突付いていました。

最近では家の周りでも時々見かけるようになり、以前と比べポピュラーな鳥になりつつあるようですね。

可愛くて、キツツキの仲間では一番のお茶目な子だと思います。

| | コメント (6)

2007年12月 6日 (木)

ハイイロチュウヒ♂

4 再度、ハイイロチュウヒです。

何時見ても、とても鷹とは思えない美しい羽の持ち主です。

一度だけの出会いにならないで欲しいと願っていますが、超低空で飛ぶことが観察を難しくしています。

会うことが難しいほど、見たいと言う欲望は強くなっていきます。

| | コメント (8)

2007年12月 5日 (水)

トビ

Photo 誰もが知っている鷹と言えばトビでしょう。

青空を悠然と舞う姿を見ても、写真を撮るカメラマンは少ないですね。

あっ、トビか、と言って見向きもしないことが多いだけに、撮影機会もあまりありません。

でも目的の鳥が出てこない時に、トビでもいいから出てきてくれないかな、なんて勝手なことを言っています。

被写体になってくれたトビさん、ありがとう。

| | コメント (8)

2007年12月 4日 (火)

ベニマシコ

1 チョッとした林の縁からフィフィと鳴く声がするので近付いてみたら、ベニマシコが実をついばんでいました。

植物は疎いので何の実か分かりませんが、赤い実もあるのに黒い方の実を一生懸命食べていました。

スッキリした所には出て来ないのと逆光で思うように撮れませんでしたが、可愛い姿を見れただけでも感謝しなければいけませんね。

| | コメント (8)

2007年12月 3日 (月)

ハイイロチュウヒ♂

Photo_2 昨日のハイイロチュウヒ雌に引き続き、本日は雄のハイイロチュウヒの登場です。

雌が出て暫くすると、突然雄が視界に入ってきてビックリ。想定外だったので慌てました。

草原を超低空で飛んで行き、あっという間に遠ざかってしまいました。

背景にビントを取られつつの撮影でしたが、何とか見られるものがあって安心しました。

| | コメント (8)

2007年12月 2日 (日)

ハイイロチュウヒ♀

Photo ハイイロチュウヒは、鷹の中でもとても綺麗だと思いますがいかがでしょう。

雄と雌は全く違いますが、腰の白い所は一緒です。

冬になると広い草原や葦原に渡来しますが、数は多くはありません。

地元で見たのは何年振りでしょうか。

それも先週初めての場所で帰り際雌を見つけたのですが、カメラを片付けた後だったので、昨日リベンジして来ました。

何とか撮れて良かったです。

| | コメント (8)

2007年12月 1日 (土)

ツグミ

Photo_3 ツグミを見ると冬が来たな、と感じるのは私だけでしょうか。

冬鳥の中でも比較的遅く来る鳥というイメージがあります。

家の周りにも2週間位前から来ていて、隣の柿畑に残った熟した柿をついばんでいるのを見ます。

カワセミの池のほとりにある木には沢山の実がなっていて、それを食べているようです。

沢山食べて、冬を無事過ごしてもらいたいと願っています。

| | コメント (6)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »