« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

ハヤブサ

Photo 電柱の上に止まっているハヤブサは、崖の上にいる気分なんでしょうか?

田んぼの中には電柱と更に高い高圧線鉄塔がいくつもあり、毎年のようにハヤブサのお気に入りの場所になっています。

お腹一杯になってゆっくり休んでいたところ、散歩の人が二人近付いてきて飛んでしまいました。

やや後ろ向きになりましたが、飛翔を撮ることができてまずまずだったでしょうか。

| | コメント (8)

2007年10月30日 (火)

チョウゲンボウ

Photo_4 冬の猛禽探しに出掛けましたが、振られてしまいました。

例年ならこの時期にはコチョウゲンなどが見られる筈ですが、まだ暖かいためか見られません。

猛禽を探し道路を走っていると、落葉した桜並木の一本にチョウゲンボウを見つけました。

後ろには雪を被った富士山があり、一富士ニ鷹を目論んだのですが御覧のように一部しか写せません。近付けば逃げるし、仕方ないですね。

| | コメント (6)

2007年10月29日 (月)

ケリ

Photo_2 お昼に田んぼ道で友人とコンビニ弁当を食べていると、何処からかオオタカが出没しました。

近くにいた鳥達が驚き四方八方に飛び散っていく中、集団でいたらしいケリ達がいきなり大騒ぎを始めました。

オオタカが飛び去って行くと、何事もなかったようにケリ達も悠然と飛んでくれ私達を楽しませてくれました。

| | コメント (4)

2007年10月28日 (日)

ハヤブサ

1 今日は久しぶりの雲一つない快晴で、気温も上がり鳥見日和でした。

田んぼを車で流していると、電柱になにやら猛禽らしき姿を発見。双眼鏡で覗いて見るとハヤブサの幼鳥でした。

そのうが膨らんでいるところをみると、食事の後だったのかも知れません。

電柱の上で絵になりませんが、暫くじっとしていたので撮らせてもらいました。

| | コメント (6)

2007年10月27日 (土)

カワセミ

10 カワセミのよく止まってくれた杭がなくなってしまい残念ですが、ゴチャゴチャした葦の中に背中を向けて止まってくれました。

周りがうっとうしいですが背中のコバルトブルーが綺麗で、つい載せてしまいました。

他の場所にもカワセミはいますが、ゆっくり撮影できる所はなかなかありません。

何処か良い場所が見つかればいいのですが・・・。

| | コメント (6)

2007年10月26日 (金)

ルリビタキ

1_2 ルリビタキは亜高山の鳥ですが、冬には里に下りてきます。

数少ない亜高山の鳥の中で雄はひときわ目立つ存在ですが、殆んどの鳥がそうであるように雌は地味な色をしています。

雌でもヒタキ特有の目がクリッとしたところが愛らしく、この鳥が好きな方は多いと思います。

私もこの瞳を見て以来ぞっこんになりました。

| | コメント (8)

2007年10月25日 (木)

ウソ

2_2 水場の常連のウソが来てくれました。

珍しく雄が一羽での登場でしたが、普通複数で見かけるので寂しく感じました。

標高1000mを超える所では日中でもかなり冷え込みます。もうそこまで冬が来ているようです。

昨年の冬、ウソは何処に行っても見られるくらい沢山いましたが、今年の冬はどうでしょうか。

| | コメント (4)

2007年10月24日 (水)

ミソサザイ

2 ルリビタキが止まった枝にミソサザイが止まってくれました。

地味ですが声は素晴しく、体の大きさにとは反比例に大きな声で囀ります。

今の時期は地鳴きと言われる声が頼りですが、姿を見つけても動きが早く暗い場所での撮影は難しいです。

枝に止まって、少しの間ポーズを取ってくれました。

| | コメント (4)

2007年10月23日 (火)

ルリビタキ

Photo_2 目がとても可愛いルリビタキに久しぶりに会いました。

綺麗な雄にはお目にかかれませんでしたが、数羽確認でき満足しました。

標高の高い場所での撮影でしたが、これから更に標高の低い場所へ移動していくことでしょう。

冬場の公園でまた会いたいな。

| | コメント (6)

2007年10月22日 (月)

ノビタキ

Photo_3 夏の高原で出会ったノビタキを、秋の気配が漂う稲刈り跡の田んぼで見つけました。

小群で行動していましたが、あちこちで見かけ盛んに餌捕りをしているようでした。

すっかり冬羽に変わっていましたが、相変わらず目はとても可愛いかったです。

また来年、涼しい高原で会いましょう。

| | コメント (6)

2007年10月21日 (日)

オオタカ

Photo 昨日、久しぶりにカワセミのいる池に行って来ました。

あまり鳥は出てくれませんでしたが、オオタカ成鳥が3回出現してくれました。

気がついた時は飛び去る寸前ばかりでじっくり撮ることは出来ませんでしたが、見られただけでも良かったです。

日に日に気温が下がってきていますが、猛禽達も勢揃いする日が近くなりました。

| | コメント (4)

2007年10月20日 (土)

チュウサギ

1 緑に染まった田んぼの中で、チュウサギに出会いました。

刈り取った後のまた伸びてきた稲の中で、移動前に体力をつけるためか餌捕りに励んでいるようでした。

嘴にはカエルを捕らえていて、私には満足そうな顔をしているように見えましたが、いかがでしょうか。

また暫くはお別れです。

| | コメント (6)

2007年10月19日 (金)

ムナグロ

Photo_2 冬場によく行くフィ-ルドで、渡り途中のムナグロの群れに会いました。

7~8羽でしたが、稲刈り後の田んぼの土に中にいる虫を一生懸命食べているようでした。

春の渡りの時にはよく確認していますが、秋の渡りの時はこれが初めてです。

すっかり冬羽になっていましたが、また来年までさようなら。

| | コメント (6)

2007年10月18日 (木)

エゾビタキ

Photo 隣の支部の方から、鷹の渡り観察の反省会にお誘いいただきました。

その時に一緒に観察させてもらった展望台の近くで、エゾビタキを数羽確認しました。

あまり近くに来てはくれませんでしたが、何ショットか撮らせてもらい、展望台での渡りのシーズンを終了することが出来ました。

また来年、ご一緒させて貰った方々とお会いできる日を楽しみにしています。

| | コメント (6)

2007年10月17日 (水)

チゴハヤブサ

3 チゴハヤブサの目は、猛禽らしくない目をしていると思いませんか?

ヒタキ類のように大きなクリッとした可愛い目でしょう。

飛びながらトンボを追いかけて食べたりする仕草は、本当に猛禽?と疑いたくなります。

でも繁殖期の時には、飛翔スピードの速いツバメも捕食の対象と聞き、驚きました。

止まっているところも一度見てみたいです。

| | コメント (6)

2007年10月16日 (火)

ハチクマ

25 ハチクマもサシバ同様、渡りは終わりです。もうほとんど東日本には残っていないでしょう。

今シーズンは、白樺峠も伊良湖も良い日に当たってくれて感謝・感謝です。

まずまずの写真も撮れて、満足な渡りのシーズンを過ごさせてもらいました。

渡って行ったハチクマやサシバ達が、来年も元気な姿を見せてくれることを祈っています。

| | コメント (6)

2007年10月15日 (月)

サシバ

16 サシバの渡りも寒気到来とともに終焉を迎えました。

色々な角度から撮影したかったのですが、相手も生き物ですからこちらが思っているようには動いてはくれません。

でも真正面の顔は迫力があります。これぞ鷹の目、といった所でしょうか。眼光鋭い一面を撮ることができました。

| | コメント (6)

2007年10月14日 (日)

ツミ

19104 ツミは小型の鷹で、飛翔スピードが早く撮影は難しいです。

サシバやハチクマの渡りを見ていると時々出現しますが、小さい・早い・遠いの三拍子で困難極まりない鷹です。

それでも何とか写したいと挑戦しますが、思った写真は未だに撮れません。

大トリミングの記念写真ですが、何度か飛んだ中でもまだ見れるもの?だったのでアップしました。

| | コメント (6)

2007年10月13日 (土)

オオタカ

Photo オオタカは冬になると時々見かける鷹ですが、大空を優雅に飛ぶ姿を見ていると威風堂々としています。

木に止まったりするより、大空の中を飛ぶ姿がとてもよく似合う鷹だと思っています。

この写真は幼鳥ですが、親のテリトリーから一度追い出されると、別の場所に自分のテリトリーを見つけなければなりません。

生きていくために、餌の豊富な場所が見つかれば言うことないのですが・・・。

幼鳥にとって成鳥になるまでは試練の連続でしょう。無事、冬を暖かい場所で過ごし、また生まれ故郷へ帰ってきて欲しいと願っています。

| | コメント (6)

2007年10月12日 (金)

ハチクマ

20 私が毎年お邪魔する伊良湖の某ホテルには、毎年常連のバーダーがやって来ます。

いつしか隣同士話をするようになりますが、勿論話の内容は野鳥とカメラの話ばかりです。

鷹が渡らない日でも退屈することはありませんし、皆んな良い人達ばかりです。

高台の駐車場からは太平洋と三河湾を一望でき、海をバックに飛ぶサシバやハチクマの姿が素晴しい感動を与えてくれます。

| | コメント (6)

2007年10月11日 (木)

サシバ

12 渡りは色々な鳥がどこを移動するのか定かでないため、いつもは見られない場所でも珍しい鳥が見られる可能性もあります。

秋の鷹の渡りは、毎年継続して観察をしてくれている全国の人達のお陰で、渡るコースがほぼ分かってきています。

地道に観察を続ける方たちに、撮影だけのカメラマンは感謝しなければいけませんね。

| | コメント (8)

2007年10月10日 (水)

チゴハヤブサ

1 鷹の渡りはサシバやハチクマだけではありません。

それらに混じって他の種類の鷹も、南へ渡ったり移動したりする鷹もいます。

超スピードで大空を駆け抜けるハヤブサの仲間のチゴハヤブサが、時折出現してギャラリーを楽しませてくれました。

ホテルの駐車場の上を10mもない低空でスッ飛んで行った時は、見ていた人、皆ビックリ仰天でした。

| | コメント (4)

2007年10月 9日 (火)

写真展

Photo 「静岡写真クラブ第一回写真展」が以下の通り開催されます。

11月5日(月)~11日(日) 10:00~17:00

会場:新富士駅ステーションプラザ

12月18日(火)~23日(日) 10:00~17:00

会場:沼津駅南口 富士急百貨店向い 東部地域交流プラザ「パレット」

静岡県東部地区の野鳥写真愛好家13名による初めての写真展です。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。 

| | コメント (2)

ハチクマ

21 10月5日は、ハチクマが比較的多く飛んで行くのを確認しました。

白樺峠では成鳥が多いのですが、伊良湖では幼鳥が多く同じような個体でした。

その中でもチョッと白っぽい個体が近くを飛んでくれてシャッターを連射しましたが、綺麗な個体で満足しています。

待っているカメラマンが一斉にカメラを向けると、レンズの反射かシャッター音が気になるのでしょう、中には急に方向転換する個体もありました。

| | コメント (8)

2007年10月 8日 (月)

サシバ

10 5日から7日まで伊良湖へ行って来ました。

毎年恒例になってしまってますが、この時期になると鷹の渡りが気になって仕方ありません。

と言うことで、結果は5日が大当たりとなりました。沢山のサシバとハチクマが、青空の中を南に向けて飛んで行きました。

近くに来る個体は限られていましたが、見ている人達を驚かせる位の数が出て、至福の時間を過ごさせてもらいました。

| | コメント (6)

2007年10月 3日 (水)

ツミ

Photo 鷹の渡りの中でも、ハイタカやツミはスピードが速いため識別が難しいです。

初列風切の数で識別できるとは言え、飛翔中ではそれも出来ません。

証拠写真が撮れれば後日判明しますが、いつもその場ではハッキリとした答えを出せずにいます。

このツミを撮った時も、多分ツミだろうと思いながらも自信ありませんでした。

今度は青空バックで、もう少し近くの飛翔ツミを撮りたいな。

| | コメント (4)

2007年10月 2日 (火)

ハリオアマツバメ

Photo_3 高速で青空の中を飛び回るハリオアマツバメは、カメラマン泣かせの野鳥です。

鷹の渡りの合間に時々現れてくれますが、飛び方が一定方向ではないので私にはファインダーに入れるのが精一杯です。

普通のツバメでさえ早いのに、無茶なことをしてしまいました。

| | コメント (2)

2007年10月 1日 (月)

サシバ

Photo_4 ハチクマは個体差が大きい鷹ですが、サシバも暗色型と呼ばれる黒っぽい個体がいます。

あまり見ることはないですが、沢山飛んだ時は運が良ければ見ることができます。

この日は800羽以上のサシバが飛んだようですが、私が暗色型を確認できたのはこの一羽だけでした。

もう少し良いアングルで撮影できれば良かったのですが、悔いが残ります。

| | コメント (4)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »