« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月31日 (火)

マミジロ

Photo_3 いつも出てくれるとは限らないマミジロの雄が、林の中からスーと出てきてくれました。

水浴びを始めると周りの気配も気にせず、一心不乱に体を震わせて何度も繰り返していました。

小鳥類はカラスの行水タイプですが、中型の鳥達は水に一度入るとじっくり時間を掛けて身綺麗にしていきます。

| | コメント (4)

2007年7月30日 (月)

アカハラ

Photo アカハラは水場の常連です。複数来る時もありますが、殆んどは単独で来ます。

水場に来る鳥達は警戒心が強いので、こちらもなるべく存在感を消すようにして撮影しています。

夏でも苔むした水場の周りは、涼風が漂っています。

| | コメント (4)

2007年7月29日 (日)

ミゾサザイ

1 暗い場所での撮影はブレとの戦いです。

ミソサザイはじっとしていることがなく、頻繁に動き回ります。

スローシャッターでは被写体ブレばかりで、素人の私では良い写真を撮るのは難しいですね。

まだまだ修行が足りません。

| | コメント (2)

2007年7月28日 (土)

アカゲラ

Photo 梅雨も明け、暑さを避けて少し標高の高いところへ行ってきました。

子育てはとっくに終わっているだろうアカゲラの雄が、直ぐ近くに来てくれました。

疲れている感じでもなく元気に水浴びをして、林の中に消えていきました。

| | コメント (4)

2007年7月27日 (金)

ルリビタキ

3 私の住んでいるところが、今日梅雨明けしたようです。

これから平地では猛暑が続くでしょうが、こういう時こそ涼しい標高の高いところに行きたいですね。

高地で待っているのはどんな鳥でしょうか?このルリビタキや可愛い鳥達がきっと待っていてくれるでしょう。

皆さん、暑さに負けずに頑張りましょう。

| | コメント (4)

2007年7月26日 (木)

モズ

Photo_52 小さな猛禽と言われるモズですが、小鳥を襲う所を見ればうなずけます。

水場の何処かに隠れてじっと獲物を狙ってましたが、周りの小鳥達に気付かれて自分の水浴びに現れました。

幼少の頃、隣のお兄さんからメジロを譲り受け飼っていたことがありますが、モズに襲われ首を切られたことを思い出しました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

カワセミ

19722 この時期、暑さがこたえて鳥見も体力勝負になってきます。

いつもの池のほとりも、蒸し暑さが並大抵ではありませんでしたが、カワセミに会えると思うとつい足が向いてしまいます。

この池にはライギョやソウギョがいるようでよく釣り人が来ていますが、以前ライギョ?がカワセミを飲み込んだ所を見たとの話を聞いたことがあります。

猛禽だけでなく水の中にも敵がいたんですね。ビックリです。

| | コメント (4)

2007年7月24日 (火)

カワセミ

197222 いつも行く池にカワセミを見に行きました。

先日まで親子4羽が居たのに、日曜日は幼鳥が2羽しか見当たりませんでした。

ホバリングをしたりして、小魚も上手に捕れるようになっていました。

早くも一人前のカワセミになってきたようです。

| | コメント (2)

2007年7月23日 (月)

ヒバリ

Photo_55 天高く舞い上がり囀るヒバリを、家の周りで見ることができなくなって何十年か経ちました。

日曜日に行った大野原ではまだ個体数が多いヒバリですが、何とかその数を維持していって貰いたいものです。

近付いても意外に平気な顔をしていたので、大胆にも車を降りて窓枠にレンズを乗せて撮りました。ノートリです。

| | コメント (4)

2007年7月22日 (日)

ブッポウソウ

19716 久しぶりにみたブッポウソウは、神社の境内にある杉の大木で繁殖していました。

巣穴にいる雛たちに、雄雌が交互に一生懸命昆虫類を捕ってきては与えていました。

年々数が減少してきているようで今後が心配ですが、そっと見守って行きたいですね。

| | コメント (4)

2007年7月21日 (土)

アオバズク

Photo_54 猛禽類の仲間は、いつ見ても写欲をそそられます。

以前は、直ぐ近くの小さな神社でも繁殖していたのですが、残念ですが最近は姿を見ることが出来なくなってしまいました。

ツミのいる林でこのアオバズクも繁殖をしていましたが、もうすぐ巣立ち真近な雛がいるようでした。

いつかまた、近くの神社にアオバズクが帰ってくる日を願いつつ、そっと撮らせて貰いました。

| | コメント (4)

2007年7月20日 (金)

ツミ

2_1 どの世界も子供を持つ親は大変です。育ち盛りの子供達の空腹を満たすには、並々ならぬ努力が必要です。

雄のツミが捕ってきた獲物は、可愛そうですが雀の幼鳥でした。食うか食われるかの厳しい世界の一面を見たような気がします。

でも、自然の定めと割り切ってそっと撮らせて貰いました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

ツミ

8 ツミは国内にいる鷹の仲間で一番小さい猛禽です。しかし、いざハンティングとなれば、猛スピードで獲物に襲いかかる俊敏さを持っています。

そんな親から餌を貰った幼鳥は、親に甘えていた目とは打って変わって猛禽の目をしているのがわかりました。鋭い眼光に思わず身を引きそうになりました。

早く大きくなって一人前に狩をし、立派な大人になってまた私達を楽しませてくれることを信じています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

ツミ

6 ツミは国内にいる猛禽類の中で一番小さく、鳩と同じか少し小さいくらいの小型の鷹です。

そんなツミを満喫してきました。近年、都市公園などでよく繁殖が確認されるようになり身近になったように感じましが、鳥の頂点に立つ猛禽ですので決して数が多いわけでもありません。

凛々しい親のホッとした後姿が何とも素敵でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月17日 (火)

カワセミ

4 ここの池には一年中カワセミが住んでますが、光線の加減から撮る位置がいつも決まってしまい同じような画像しかありません。

でも、目の前に止まってくれるとその美しさに、また見たいとの気持ちから通ってしまいます。

じっと佇んでいるカワセミを見ていると、しばし時が経つのを忘れてしまいます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

カワセミ

5 野鳥を見始めた人には、カワセミの背中のコバルトブルーの美しさに魅了されることでしょう。

飛翔のスピードはかなり早いのでファインダーに入れることもままならないし、ましてや羽を写し止めることは出来ません。

デジカメにしてから飛翔写真にチャレンジするようになりましたが、銀塩時代はとてもその気になれませんでした。何故って、殆んど捨てる写真ばかりですから・・・。

デジカメでは、「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」の精神で撮ってます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

クマゼミ

Photo_53 今朝まで台風と梅雨前線の影響で大雨が降りましたが、雨が上がる直前に玄関先でセミの幼虫を見つけました。

大雨の影響か、昼近い時間に穴の中から出てきたものの元気がなく、そっと庭木に乗せてあげました。

夕方になって覗いてみると羽化が始まっていました。最近ではクマゼミが多くなり、これからの時期、庭木のあちこちで脱殻を見るようになります。

今日は鳥を見に行きませんでしたので、同じ羽根をもつセミで我慢しました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

ヤマセミ

2 背中の鹿の子模様が何とも言えず、ヤマセミにはまった時期がありました。

キャラッ、キャラッと鳴く声は渓流によく響き渡り、ヤマセミの存在を主張しています。

曇り空の中、SSが1/200での撮影は私の腕ではこんなものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

ヤマセミ

Photo_51 カワセミの次にはまってしまった鳥ですが、最近は数が減ったように思います。

警戒心が強く、見つけた時には水面を低く飛ぶ後姿しか見ることができない程です。

渓流の鳥の象徴ですが、魚を採るときの迫力はカワセミの比ではありません。

台風が日本列島を縦断しそうなので、今夜からのお出掛けは中止しました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

コチドリ

Photo_50 4月の初め頃、夏鳥として渡来してきます。

黄色のアイリングがよく目立ちとても愛らしい鳥です。

以外に警戒心が薄く近くで観察できますので、写真を撮るのはさほど苦になりません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

ハクセキレイ

Photo_48 ハクセキレイの幼鳥です。

私が探鳥を始めた頃には、家の周辺ではハクセキレイをあまり見ることがありませんでした。

いつ頃からか数が増えてきて、今ではセキレイの中では一番目に付くようになりました。

繁殖の時期、よくテレビや新聞記事になるなど何処にでも営巣する環境に対応した鳥です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月10日 (火)

カワガラス

Photo_47 清流の鳥と言えば、ヤマセミやカワセミを思い浮かべる方が殆んどだと思います。

でも他にもいるんです。鳥が水の中に潜るなんてビックリですね。

このカワガラスは水陸両用で、潜水が得意で川の中にいる虫などを餌としています。

姿はカラスのように黒いのですが、よ~く見るとこげ茶色なんですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

サンコウチョウ

19771 今日もサンコウチョウですが、これが本当に今シーズン最後のサンコウチョウとします。

林の中から聞こえてくる”月日星ホイホイホイ”の声も、あまり聞くことが出来なくなってきました。

また来年、同じ林で再会を楽しみにしています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

サンコウチョウ

19773 昨日撮った、多分今年最後になるサンコウチョウです。

いつ見ても魅力的な鳥だと思っています。何度も会いに行きたいのですが、雛が巣立ってしまっては探すのに一苦労です。また来年帰ってきてくれることを願って今年は終わりにします。

それにしてもサンコウチョウは撮りにくい鳥ですね。暗い林を好むため、N社のカメラを愛用している私にとって高ISOは使えないのでなお更です。でもN社が好きなので浮気をするつもりはありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

サンコウチョウ

19772 サンコウチョウは、今シーズン最後の撮影のつもりで出掛けました。

生憎、朝から雨で出掛けるのを止めていましたが、雨が上がったので行ってみました。

鳴き声がする方で待っていると、親が何度となく同じ場所に行くので双眼鏡で覗いてみると、雛が4羽寄り添いあって止まっていました。

少しだけ撮らせてもらい、無事大きくなることを願って帰って来ました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

ササゴイ

Photo_46 私の職場の直ぐ近くには一級河川があり、夏になると近くの公園で営巣しているらしいササゴイが餌捕りに飛んで来ます。

最近では、大食漢のカワウが団体で川の上流まで飛んで来て、魚を根こそぎといって良いくらいに食べてしまい、魚を主食とする鳥たちの脅威となっています。

今年も子育てが順調にいって、これからも毎年来て欲しいと願っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

セイタカシギ

Photo_43 私の住む近くの田んぼでは、春と秋に渡りの途中で寄り道する鳥達がいます。

大雨が降るとぬかるんだ田んぼが冠水することが度々あり、そんな時に出掛けると思わぬ鳥を見ることがあります。

飛んでる姿では何の鳥か分からず、冠水した田んぼに降り立って初めてセイタカシギだと分かりました。貴婦人のような姿に一目惚れしそうでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

コアジサシ

Photo_45 以前は直ぐ近くの川に行けば見ることができたのに、最近では少し離れたところまで行かないと見ることができなくなりました。

川の中程で、繰り返し空中からのダイビングで魚を採るのを飽きずに見ていると、急にこちらに向かって飛んできました。

近くで見るコアジサシはとても可愛いですよ。毎年繁殖が上手く行かなくなってきていて、コアジサシの将来が不安で一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

タマシギ

Photo_44 タマシギは、鳥の仲間では珍しくメスの方が美しい容姿をしています。

でも、この鳥ときたらオスをコーコーと鳴いておびき寄せ、卵を産んだらハイさよならで子育てをオス任せにする人間世界では考えられない?事をします。

何故そんな習性になったのか、自然は不思議が一杯ですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

カワセミ

196303 私が写真を撮るようになったきっかけの鳥がこのカワセミです。

今から20数年前、初めて一眼レフを購入し、300mmの望遠レンズを付け近くの川でカワセミを撮った時、豆粒位にしか写せませんでした。

先週土曜日に久しぶりに近くの池でカワセミを撮影しましたが、幼鳥2羽が元気に飛び回っていました。曇天の中、SSが上がらず羽はブレブレでしたが、楽しい時間を過ごすことができました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

ケリ

Photo_42 田んぼに春が来るとケリが子育てを始めます。田植えが始まる頃にはジュニアが誕生し、親は雛を外敵から守るため必死になります。

どの鳥も雛を守るのは同じですが、ケリは巣や雛に近づく人間までも威嚇してきます。

以前、田んぼ道で犬の散歩をしているおばさんがケリが抱卵している近くを通った時に、キキキーと上空からケリのモビングに遭っているのを見たことを思い出しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »