2017年5月11日 (木)

ウグイス

1_102
考えてみると、ウグイスは殆ど撮影した記憶がありません。

いつも藪の中からの声で確認するだけで、見えるところに出てくるのを待つこともありません。

日本三鳴鳥なので、いつかは真剣に撮っておくべきなのかも・・・。

2_103

|

2017年5月 9日 (火)

クロツグミ

5_100_3
意外と手強いクロツグミですが、ジッとしていれば相手から近づいてくるときもあります。

今回は証拠写真程度しか撮れませんでしたが、狙っていた訳ではなかったので見られただけでOKです。

6_101_2

|

2017年5月 7日 (日)

ミソサザイ

15_00002_096
夏鳥を探して林に入りましたが、思うような結果は得られませんでした。

ミソサザイは何個体かいて、静寂の中で美声が響いていました。

16_00001_097

|

2017年5月 3日 (水)

サンショウクイ

8_00003_094_2
4月に4日間の撮影に出掛けました。日によって良い日も悪い日もありましたが、総じてまずまずでした。しかし、気が付けば」同じような鳥ばかりとなってしまいました。

サンショウクイは何度かお目に掛かりましたが、オオルリ同様、眼が出ないことが多く難儀しました。

簡単に撮らせてもらえないのが、次の機会の励みになります。

9_00002_095_2

| | コメント (6)

2017年5月 2日 (火)

オオルリ

40_00001_090
オオルリは早朝から良く鳴いてくれます。

何個体かいる中でも、愛想の良いものやそうでないものがいますが、たまたま現れた個体はとても愛想の良い個体でした。

41_00002_091

|

2017年5月 1日 (月)

キビタキ

43_00007_092
キビタキが完全な成鳥になるには何年かかるのでしょうか?

このキビタキは、頭や背中の色がグレーがかっていて決して綺麗とは言えませんでした。

それでも何度か現れて楽しませてもらいました。

44_093

|

2017年4月28日 (金)

サンショウクイ

6_088
ここ数年、リュウキュウサンショウクイが北上している話題が持ち上がっていますが、地球温暖化が理由なのでしょうか?

この場所には毎年サンショウクイが来てくれますが、ご存知の通り、首が痛くなるほど上を向かないと見られないことが多いですね。でも、他の鳥が気になって観察がおろかになると、地面に近いところに来ても気が付きません。

観察が重要なことを教えてくれた野鳥です。

7_089

|

2017年4月25日 (火)

オオルリ

38_086
夏鳥の定番と言えばオオルリ。日本三鳴鳥ですが、声だけでなく姿も魅力的な鳥ですね。

渡来が早い夏鳥には、桜が良く似合っている思いますが今年は間に合いました。39_087

|

2017年4月24日 (月)

キビタキ

41_084
いよいよ夏鳥のシーズンが到来しました。

今年は寒さがいつまでも続いたためか、まだ桜が残っていて桜絡みの写真を撮れ、幸先良いスタートとなりました。

42_085

| | コメント (8)

2017年4月 1日 (土)

ハイイロチュウヒ

105_080
一日粘っても簡単には会えないハイチュウですが、シーズン最後に近づいた時に止まり物を撮ることが出来ました。

地面に止まっていることが多いと思われますが、何度か枝止まりの姿を見ることができ、この時ばかりは満足な時間を過ごすことが出来ました。

107_081

|

«ハイイロチュウヒ