2017年12月10日 (日)

カシラダカ

3_188地味な冬の小鳥ですが、この鳥がいると周りにミヤマホオジロがいないか探してしまいます。

同じような冠羽を持っていながら、色が付いているかいないかで今一つ人気がないのかも知れません。

この鳥を見ると冬が来たな~って感じます。4_189

|

2017年12月 9日 (土)

マヒワ

9_186マヒワの黄色味を帯びた羽根が好きです。

群れになっているマヒワを見たかったのですが、数羽が姿を見せてくれただけでした。10_187

|

2017年12月 8日 (金)

アカゲラ

9_184林の中は小鳥の鳴き声も聞こえず閑散としていましたが、突然アカゲラの声がしてきました。

雑木林の葉は既に落葉し、その姿を見つけるのは容易い時期です。

蔓の実でしょうか、逆さまになって食べている姿が可愛らしかった。10_185

|

2017年12月 7日 (木)

ミヤマホオジロ

9_182このところ朝の冷え込みが厳しく、少し暖かくなってから冬の小鳥を探しに高原へ出掛けました。

林内を何度か往復しやっと見つけたミヤマホオジロでしたが、警戒心が強く近くで撮らせてはもらえませんでした。10_183

|

2017年11月30日 (木)

ハイイロチュウヒ

110_180何処から現れるか予想が付かない忍者のようなハイイロチュウヒ。撮影も一瞬を逃すとまたいつ来てくれるかも分かりません。

だからこそ撮り甲斐があるし、何度も出掛けてしまうのかも知れません。111_181

|

2017年11月29日 (水)

ミサゴ

59_178田んぼ廻りの最後に寄った池にはカモ類が少数いただけでしたが、帰ろうとしたその時、ミサゴが飛んできました。

飛び込みを期待してカメラを出すと、直ぐに飛び込んでくれました。でも水位がないため泥だらけです。何かを掴んだようですが、小魚と葦のカスのようでした。

この池では、巷でダーウィンポーズと言われる飛び込みは期待できないようです。60_179

|

2017年11月28日 (火)

タゲリ

6_176田んぼ道を猛禽を探して流していると、タゲリの小群が飛んできました。

今年は例年より少なくて寂しい限りです。

猫が鳴くような独特の声は聞けませんでしたが、今年も来てくれたことに感謝です。7_177

|

2017年11月27日 (月)

アリスイ

3_174鳴き声がしないと簡単には見つけられないアリスイ。

声がする方に歩いて行っても見つけられないで、飛び去ってから気が付く有様でした。4_175

|

2017年11月19日 (日)

ハイイロチュウヒ

108_172
7ヶ月振りに会うことが出来て心が弾みました。

寒くなると、どうしても会いたくなる猛禽です。109_173

| | コメント (6)

2017年11月14日 (火)

ミサゴ

57_170
代り映えしないミサゴの写真ですが、近くに来ればついついシャッターを切ってしまいます。

この日は近くで魚を獲れたのは一度もなく、ダイビングも数回で終わってしまいました。

川の水が濁っているのと、風が吹いて波立っていたのが原因だと思っていますが、真意は分かりません。58_171

|

«ズグロカモメ